一路(浅田次郎)の書評・感想

1063views黒夜行黒夜行

このエントリーをはてなブックマークに追加
一路(上)

舞台は、文久元年(1861年)の、関ヶ原にほど近い田名部という土地。そこは、七千五百石の蒔坂家が収める領土であり、また様々な背景から、旗本でありながら「交代寄合」という、大名並の格式が与えられている。
小野寺一路は、ずっと江戸で修行の身であり、剣の腕前も学問も秀才なのだったが、急ぎ国元に帰らなくてはならなくなった。
父・弥九郎が亡くなったのだという。失火であり、士道不覚悟、小野寺家は取り潰しの沙汰でもおかしくない状況なのだった。
しかし、そうもいかない事情がある。一路の家は代々、参勤交代の手配をすべて行う供頭という役目を担ってきていた。参勤交代の時期は迫っており、ともかく一路が供頭となって次の参勤交代を仕切らねばならなくなってしまった。家督相続は、参勤交代を無事に済ますための仮の沙汰。つまり、一路が参勤交代を無事務め上げなければ、小野寺家は絶えてしまうのだった。
どう考えても無理である。
というのも一路は、父から供頭の仕事について、何も教わっていないのである。引き継ぐのはまだ先だと思われていたために、一路は父から、江戸で剣や学問の精進するように言われていたのだ。まさか父がこれほどまで早く死んでしまうとは。
しかし、泣き言など言っていられない。供頭としての役回りを果たさねばならない。しかし、一体どうやって…。
一路は、玄関口だけポツンと焼け残った屋敷跡に赴いた。そこで一路は、「元和辛酉歳蒔坂左京大丈夫様行軍録」という小冊を見つけた。これはまさしく、二百数十年に渡って受け継がれてきた参勤交代の心得を記したものなのだった。参勤交代の出立まで数日を残した今、これしか頼りに出来るものはない。
その「行軍録」は、僅かながら一路と話をしてくれる人に聞いてみると(一路と話をしてはならん、というお触れが出ているのだ)、二百数十年の間にだいぶ簡略化されているらしく、現在では行われていないことも多いのだという。
一路は決意した。自分はこの「行軍録」に記されている通りに中山道を歩き、無事江戸までお殿様をお送りしてみせると…。
というような話です。
これはメチャクチャ面白い作品でした!実は浅田次郎の作品を読むのは二作目で、初めて読んだ「地下鉄に乗って」が、個人的にはあまり好きになれなかったんで、どうしても浅田次郎は敬遠していたのです。今回も、ちょっとした機会を与えてもらえなかったら、この作品を読むことはまずなかったでしょう。上下で分厚いし、何よりも歴史が苦手な僕には、江戸時代が舞台の小説とか、普通だったら結構しんどいわけなんです。
しかーし!とにかくメチャクチャ面白かったです!本書は一言で言えば、「田名部から江戸までただひたすら中山道を歩くだけ」の小説なんです。参勤交代のその道中が描かれているだけなんですけど、まあこれが面白いのなんの。お見事!あっぱれ!と言いたくなってしまうような作品でした。
何よりも、個々人の描かれ方が素晴らしく良い。
主役級の人物を挙げるとすると、道中御供頭である一路、お殿様である蒔坂左京大夫、参勤交代の先頭を行く佐久間勘十郎、田名部にある浄願寺の坊主である空澄、参勤交代には加わらず国元に留まる勘定役の国分七左衛門、複雑な事情から二君に使える形となり心労が絶えない御用人・伊東喜惣次と言った面々がいるのだけど、みんな本当に素晴らしい人物なんである。

感想

一路は、家格の違いさえ理解しておらず、なんとなく自分よりも目上っぽいかなという風に見える人に頭を下げたりしるのだけど、時々ぎょっとされたりして失敗だったことに気づいたりする。それぐらい何も知らない状態で、しかも数日後に参勤交代がスタートする、という無茶苦茶な状況で、でも頑張るわけです。
正直なところ、「行軍録」通りに参勤交代を復活させるというのは、破れかぶれのアイデアだったわけです。何も知らないからこそ、「行軍録」に頼るしかない。一路は、とりあえず形から入った。形を「行軍録」通りに整えることで、誰からも文句を言いようがない状態にした。「行軍録」通りにやれば、お家断絶は避けられると信じた。一路にとって「行軍録」は、そう言った意味で御託宣のようなものだったのだ。
道中一路がこれでもかというほど頑張る。
ある場面で語られる、「正義が孤独であろうはずがない」という言葉は、身に染みた。

一路(上)

一路(上)

  • 浅田次郎

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く