聖なる怠け者の冒険(森見登美彦)の書評・感想

1084views黒夜行黒夜行

このエントリーをはてなブックマークに追加
聖なる怠け者の冒険

これは、ちょっと昔の話である。
京都に、謎の怪人が現れた。その名を「ぽんぽこ仮面」という。謎の狸のお面を被り、京都の街を跋扈するその怪人は、当初その異様な風貌からよく通報された。しかし、その怪人は、基本的に「いいやつ」だったのである。善行を繰り返し、次第に認知されるようになり、今ではグッズが土産物屋で売られるまでになるほど人気を博している。
探偵事務所を経営している浦本は、ぽんぽこ仮面を捕まえろという依頼を受けていた。しかしこの浦本、生粋の怠け者である。謎めいた奇妙な依頼を引き寄せることに関しては天才的なのだが、調査はほとんどしない。曰く、5割はほっといても解決する、3割は依頼人が依頼したことを忘れる。だから残りの2割に力を入れればよいのだと。そんなわけで、流れに身を任せて、ほどほどに仕事をする男である。
そんな浦本探偵事務所で週末だけバイトをしている玉川さんは、冒険に燃える乙女だ。探偵の仕事に夢みる彼女は、ぽんぽこ仮面を追い詰めるべく奮闘するも、空回りばかりである。
さて、本書の主人公は、怠惰さを追究し、退屈を好むことに掛けては右に出るものなしという堕落した男・小和田である。彼はとある会社で研究員として働いており、先輩社員である恩田さんと、恩田さんとよく一緒にいる桃木さんに、「充実した週末を過ごすために週末を拡張せよ」と尻を叩かれるが、のらりくらりとかわし続けている。研究所の所長は近く東京へと転勤になる。この所長も謎めいた男であり、居住区は誰も知らず、尾行してもまかれるのだという。スキンヘッドという異様な風貌で、厳格な「プロトコル」を守って規律正しい生活をしている異才である。
小和田はしばし前から、ぽんぽこ仮面に言い寄られている。何をか。ぽんぽこ仮面は小和田に、ぽんぽこ仮面を継げと言って追いかけてくる。小和田としては、冗談じゃない。何だってそんな面倒なことをしなくてはならないのか。しかし、ぽんぽこ仮面は諦めない。やがて、探偵所の玉川さんは、ぽんぽこ仮面を捕まえるためには、小和田に張り付いていればいいと悟るが…。
というような話です。
相変わらず森見登美彦は、楽しい小説を書きますなぁ。
相変わらず、ストーリーの展開は、どうでもいいほどくだらない(誉めてます!)。何が起こるかって、特別なにが起こるわけでもないのですよね(誉めてます!)。無間蕎麦っていう蕎麦を延々と食べ続けるイベントが開催されたり、ぽんぽこ仮面が色んな人間に追われたり、小和田が夢を見たりする、というぐらいなもんで、別段何が起こるわけでもない。それでも、京都という土地柄を絶妙に使って幻惑的な雰囲気を醸し出すところ、また怠惰な人間ばかりが登場するのに、これだけストーリー性のある物語を紡ぎだし、あまつさえ怠惰な人間たちが臨場感さえ醸しだしてしまうという、まさに森見登美彦マジックだよなぁ、という感じがしました。さすが森見登美彦です。
本書を一本貫く思想の一つが、「休日の充実」と「怠惰への誘惑」ということになるでしょうか。つまり、仕事をしていない時を活動的に過ごすべきか、あるいは退屈に飲み込まれるようにして過ごすべきか、という、実にくだらない激論がベースにあって、この物語が成り立っています。
本書に登場する人たちは、それぞれ、ちょっと違った考え方を持っている。

感想

擬音語のようなものをかなり多用していて、それがまた変わった雰囲気を醸し出していて面白い。「ねたねた」「うごうご」「ぷつぷつ」「モガモガ」というような擬音語が頻繁に登場し、しかも、初めて目にするような擬音語でも、違和感なく理解できてしまうようなそういう面白さもあります。
アホらしさ全開で展開されていく物語で、怠惰な人間たちがただ怠惰に過ごすだけの物語であるのに、臨場感満載です。やっぱりこういう世界観は、森見登美彦いしか紡げないよなぁ、と思わせてくれます。是非読んでみてください。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く