愛の徴―天国の方角(近本洋一)の書評・感想

1071views黒夜行黒夜行

このエントリーをはてなブックマークに追加
愛の徴 -天国の方角 (講談社ノベルス)

凄い物語だったな、ホント。
これが新人のデビュー作っていうのは、ちょっとウソじゃないかと思う。
内容に入ろうと思います。
舞台は二つ。2031年、沖縄科学技術大学院(OIST)の量子演算センターと、1649年のヨーロッパ。
太良橋鈴は、OISTで行われるプロジェクトに応募し採用されたフランス語が専門のリサーチャーである。OISTで行われるプロジェクトというのは、文系の鈴にはほとんどさっぱり理解できないのだが、『量子コンピュータを利用して新しい検索用アルゴリズムを作り出すプロジェクト』であるらしい。何故そんなプロジェクトに、フランス語の技官が必要なのかと言えば、『アルゴリズムを自己組織化(?)させるための暴露環境(?)としてフランス国立文書館のデータベースを利用するから』ということなのだが、意味が分からない。
初めの内は、自動翻訳でも出来そうな仕事ばかりさせられていたのだけど、プロジェクトの所長とやり取りをしたことで、状況が少し変わった。
鈴は、翻訳を求められている文章の、そもそもの日本語の意味が分からない、と噛み付いたのだ。例えば趣意書の中には、こんな文章がある。

『事象の蓋然性はマッピングされた量子情報単位のヒルベルト空間での隔たりに基づくが、物理数学的には統計作用素によって表現可能であり、観測者にとって不可知の事象もすべて量子エンタングルメントとして存在する時間発展性を欠く情報と見なすことが可能である』

…意味が分からないから、訳すことだって出来やしない。
しかし所長から、ちょっとでも量子論について学んで、ある程度の単語程度の理解はして欲しいと言われ、それでプロジェクトの主幹が受け持っている講義に出ることにしたのだ。
その講義を聞いて鈴は、自分が何をしなくてはならないのか、徐々に理解していった。
彼らがやろうとしているプロジェクトは、まさに人間が物事や概念を認識する過程を再現するような形で、そういう『自己組織化するアルゴリズム』を生み出そうとしている。そのアルゴリズムに、フランス国立文書館に収蔵されているすべての情報を暴露させ、その結果として何が出力されてくるのかを検証する、というものだ。
そして鈴は、量子コンピュータが出力してきた結果を解釈する役割を期待されているらしい。
鈴は、量子コンピュータが出力してくる様々な情報を、絵画・神学・図像学と言った観点から様々に分析していくが…。
アナは、お屋敷の下女として、朝も昼もなく働き通しの毎日を過ごしていた。怒鳴られ、背中が痛み、藁の寝床で寝る毎日。
そんなアナの唯一の希望が、お屋敷の跡取りと目されていたギュスターヴだ。
ひょんなことからギュスターヴと関わりを持つようになったアナは、ギュスターヴが読んでくれるお話に夢中になった。アナは、ギュスターヴが持っている「本」に物語が書かれているということを、少しずつ理解していった。そしてアナはギュスターヴに本を読んでもらい、さらには文字も教わることになったのだ。文字を覚えたら、何でも本をあげるよ、と言って。
そのギュスターヴが、死んだ。アナはもうここにはいられないと思った。必死で、必死で逃げた。沼を越え、果てることなき草原を歩みながら、逃げ続けた。
その過程でアナは、黄金の蛇の指輪を拾った。
その指輪が、アナの運命を大きく変えることになる。
やがて、どんな病も治す魔女として知られるようになったアナ。狼となって現れたギュスターヴと共にひっそりと暮らしているところへやってきた男。
ある男の熱が一向に下がらないから助けて欲しい、と男は言う…。

感想

第48回メフィスト賞受賞作だそうです。さすがメフィスト賞、という感じです!メフィスト賞以外のどんな新人賞でも、この作品を受け入れることはまず出来ないでしょう。分量的にも、テーマ的にも、新人賞の枠組みを大きく超えるし、そもそも書き手が<新人>の枠組みを凌駕していると言って言い過ぎではないでしょう。また凄い作家が出てきたものだなと思いました。
とはいえ、正直なところ僕には、この作品はちょっと難しすぎるなという感じです。
本書の凄いのは、量子論と歴史というまったく違う学問について、相当詳しく描かれている物語だ、という点です。量子コンピュータと17世紀のヨーロッパの歴史は、そもそもまったく接点のない事柄でしょう。しかしその両者を上手く物語に落とし込んでいる。それだけでなく、個々の知識そのものが本当に深く深く描かれていて、凄すぎるなと思います。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く