島はぼくらと(辻村深月)の書評・感想

1539views黒夜行黒夜行

このエントリーをはてなブックマークに追加
島はぼくらと

舞台は、瀬戸内海に浮かぶ「冴島」。本土とフェリーで20分ほどのところにあり、朱里・衣花・新・源樹の四人は、冴島から毎日フェリーで本土の高校に通っている。
網元の娘である衣花や、冴島でリゾートホテルを経営するためにやってきた経営者の息子である源樹、外部の協力者と一緒に立ち上げた「さえじま」という会社で押し付けられるように社長になった母を持つ朱里、冴島保育園の園長であり人間関係の狭い島の中でもかなり顔が広い母を持つ新など、それぞれ島の中でちょっとした立ち位置を占めながらも、そんなことに関わらず、子供の頃からずっと一緒に過ごしてきた四人として、そして、島から出ていかなくてはいけない未来がほんのすぐ先まで迫っているという環境の中で、彼らは島を愛し、仲間と楽しみ、島のあらゆることに関わっていくことになる。
冴島は、現村長の手腕によって、Iターン者の集まる島となった。シングルマザーたちが駆け込み寺のようにこの島にやってくることもあるし、デザイナーや作家など離れた土地でも仕事が出来る人たちが移り住んでくるケースも多い。離島をもり立てるという意味で現村長の手腕は島民から称賛されているし、「地域活性デザイナー」という肩書きを持つ谷川ヨシノという女性の関わりもあって、島はどんどんと活気溢れるようになっている。しかしその一方で、元からの住民とIターン者との考え方の溝みたいなものはやはり存在し、朱里たちもIターン者と関わることで、様々な価値観に触れ、様々に考えさせられることになる。
シングルマザーとして島にやってきた、一時テレビで見ない日はなかった程の有名人であった蕗子、ぼーっとしていると言われ「頼りないイマドキの若者」と言われてしまう本木など、長い時間を掛けて島に溶け込んでいったIターン者もいるが、その一方で、瞬間的にやってきてすぐ立ち去っていくような人もいる。この間はフェリー内で、著名な作家が書いたはずの演劇の脚本があるはずだと言って、胡散臭い男が島にやってきたばかりだ…。
というような話です。いや、全然内容紹介になっていませんけど。
辻村深月らしい、優しさと鋭さを内包した作品だなと感じました。やっぱり良い作品を書くなぁ。
まず、設定が絶妙だと思う。
僕は以前「水底フェスタ」の感想の中で、『閉じ込められている感』について書いたことがある。
僕的に、辻村深月の最大の魅力だと感じている点は、少年少女たちが「学校」という酷く閉塞的な環境に閉じ込められている、その窮屈さを絶妙に描き出しているからだ、と思っている。だからこそ、少年少女たちを描く作品の場合突出して良さが浮き出るのだ、と。でも、「水底フェスタ」は大人たちの物語だった。これでは、少年少女たちが日々感じている『閉じ込められている感』を描き出すことは難しい。
でも、「水底フェスタ」では、閉塞感のある村が舞台となっている。その村の存在が『閉じ込められている感』を一手に引き受けることで、辻村深月らしさを全力で放出出来たのではないか、というようなことを書いたことがある。
そしてそれは、本書でも近いものがある。
本書は、視点人物は高校生四人だが、描かれる人物は全年齢に幅が振れている。そういう意味では本書も、少年少女の物語だとは言えない。
しかし本書でも、本土から離れフェリーで行き来しなければならず、それゆえ、人間関係が本土以上に濃密になり、独特な濃度を持った人間関係が長いこと熟成され続けている離島を舞台にすることで、その『閉じ込められている感』が見事に描き出されている。こういう舞台設定はやっぱり、辻村深月らしさを全開で引き出す

感想

そこで生まれなければ、見ることも知ることも考える必要もなかった現実が横たわっている。最終のフェリーの時間があるから部活に入れない、というのはとても軽いものの一例だろうか。島での生活は豊かで満ち足りたものだが、同時に、外のことを知れば知るほど、今まで気づくことのなかった「ないもの」の存在に、その空虚な空白に気付かされていくことになる。
存在しない物、存在しない選択肢、存在しない未来。そういう「ないもの」の存在に対して、島の住民は、出来る限り「くっきりとした答え」を探そうとしない。島で生きてく、という現実の方を変えることは、実はなかなか難しいのだ。「くっきりとした答え」を探す行為は、島で生きていくという現実を否定しなくてはならない場面にも行き着いてしまう。だから、曖昧にしたまま、わかっているのだけどわかっていないフリをしながら、とりあえず前に進んでいく。

島はぼくらと

島はぼくらと

  • 辻村深月

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く