わが盲想(モハメド・オマル・アブディン)の書評・感想

978views黒夜行黒夜行

このエントリーをはてなブックマークに追加
わが盲想 (一般書)

本書は、15年前、20歳になる少し前にスーダンから日本にやってきた著者が、来日時まったく日本語が喋れず、さらになんと、既に視力がほとんどないという状態だったにも関わらず、15年後の現在、音声読み上げソフトを利用して、本書を『自らの手で』執筆するまでに至った、その激動とも言える日々を、面白おかしく綴った作品です。

元々スーダンのハルツーム大学(結構レベルが高いようだ)に通っていた著者は、ある時、胡散臭い先輩から、胡散臭い話を耳にする。なんでも、日本が鍼灸を学ぶ留学生を募集しているといい、スーダンにもその募集が来ているというのだ。日本では目の見えない人は鍼灸を学び、それを職業にすることが出来るという。日本へのイメージは、「テレビの組立が出来ないと小学校に上がれない」というようなものしか持っていなく、つまり何も知らなかったのだけど、鍼灸なんていう危険な仕事を視覚障害者にやらせるってことは、日本っていう国全体が視覚障害者向けに色々整備されているに違いない、という希望的観測を頼りに、応募してみることになった。
それで、スーダンからたった一人アブディンが選ばれることになった。アブディンが「ライオン」と評す恐ろしい父親をどうにか説得し、不安も抱きつつも日本へと向かうのだった。
日本についた時ちょうどラマダンの時期であり食事の時間心配をしなくてはいけなかったこと、日本で出される食事を食べられるかどうか不安だったこと、地獄のような熱さの「風呂」を体験させられたこと、などなど、日本初体験のアブディンには様々な試練がのしかかるのだが、当然のことながら何が一番の難関かと言えば、やはり「日本語」なのだった。
アブディンは、日本にやってきた当初、基本的にまったく日本語を喋ることが出来なかった。アブディンはとにかく、日本語の訓練で相当に苦労させられることになる。そもそも「日本語」をまったく話すことが出来ないのに、いきなり日本語の点字を教えられたり、あるいは、様々な事情があって福井の盲学校に入学することになるのだが、日本語すら覚束ないのに、鍼灸の授業で出てくる難解な専門用語と福井弁も同時に学んでいかなくてはいけなくなったのだ。
さらにさらに、目の見えないアブディンにとって、「漢字」というのは最難関にもほどがある、恐ろしい難関であった。これも、ある人物の熱心な指導のお陰で乗り越えていけることになる。
日本にやってきた時アブディンは、「靴紐を結ぶことができない」「パソコンのパの字もわからない」「日本語がまったく喋れない」というような状態だった。しかし今では、「この世で一番旨い食べ物は寿司」「好きな作家は夏目漱石と三浦綾子」「好きな球団は広島カープ」と、完全に日本に溶け込んでいる。
そんなアブディンの、15年間の激闘を描いた作品です。
なかなか面白い作品でした。外国人(しかも目が見えない!)が書いたとは思えないほど自然な日本語で、もちろんまったく修正が入らなかったということはないでしょうけど、本書を読むと、確かにこの著者が自分で書いているんだろうなぁ、と思えてくる作品です。15年間で、母語ではない言語、しかも「日本語」という、習得するのに世界でもかなり難易度が高いと言われている言語を、漢字混じりでこれほど操ることが出来るようになる、というところが、やっぱりまず一番の驚きでした。日本に来た時点で、日本語についてまったく知らず、話すこともほとんど出来なかったなんて、やっぱり想像出来ません。

感想

そんな高瀬先生がアブディンに、漢字を覚えた方がいいという。アブディンが「(目が見えない自分が)どうやって勉強するの?」と聞くと、その方法については何も考えていなかったようで、アブディンは爆笑してしまう。高瀬先生はあれこれ考えて、粘土に割り箸で漢字を書いて覚える、というやり方を思いついて、それでアブディンは漢字を覚えることが出来たのだ。
そうやって漢字を覚えていったアブディンが一番気に入った漢字は「大」だという。

『一番気に入ったのは「大」の字である。こんなにくつろいでいいのかと思うぐらい、この字はまったりしているのだ。「大」というよりも「寛」と読ませたいぐらいだ』

わが盲想 (一般書)

わが盲想 (一般書)

  • モハメド・オマル・アブディン

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く