教場(長岡弘樹)の書評・感想

887views黒夜行黒夜行

このエントリーをはてなブックマークに追加
教場

本書の舞台は、警察学校。様々な経歴を持つ人間が、様々な理由を胸に抱きながら、この警察学校にやってくる。携帯電話と免許証は取り上げられ、毎日提出する日記に「事実ではないこと」を書くと即刻退校処分。恐ろしく厳しい環境の中で煮詰められていく悪意が発露し、切れ者の教官である風間がそれを様々に裁く6編の連作短編集。

「職質」
ある警察官に命を救われ警察官を目指す宮坂。彼の命を救った警察官の息子が、たまたま同期としてこの学校にいる。平坂は、あまり出来のいい男ではない。いくつかの職業を流れて、こうして警察学校にやってきたようだ。
風間は宮坂の能力を見抜く。「なぜ、わざと下手なふりをした」

「牢問」
インテリアコーディネーターだったしのぶは、学校内では沙織と仲良くしている。大柄で太めの眉毛。沙織はある授業中倒れた。脅迫状が届くようで、心配で睡眠不足なのだという。
しのぶは沙織に、取り調べの極意を教える。江戸時代に行われていた牢問という拷問。どんな人間でも、自白してしまう。

「蟻穴」
白バイ隊員を目指している鳥羽には、動いているものの速度を瞬時に聞き取る能力がある。ちょっとしたきっかけで仲良くなった稲辺は、計算が得意だ。自分のせいで、稲辺にまでしごきが飛び火してしまった。こういうことがないようにしなくては。
日記に嘘を書いてはいけない。このルールは絶対だ。

「調達」
元プロボクサーの日下部は、警備勤務の最中、相棒の樫村に絡みつく。成績のよくない日下部は、スパイのように学生たちの悪事を教官に注進していると陰口を叩かれていることは知っている。
今学校内では、小火騒ぎの犯人探しが行われている。犯人が名乗り出なければ、連帯責任でみな苦しい思いをする。

「異物」
由良は、講習会の準備をコンビを組む相手に押し付けて、床屋にやってきた。そのまま四輪の運転技術講習会に向かう。車は好きだ。運転には誰よりも自信があると言っていい。
指名され、車に乗り込む。目の前を、何かが横切る。

「背水」
都筑は、ちょっとしたことから、文集を書かせ集める係を押し付けられた。卒業試験が近いが、都筑は特に心配していない。問題なく優秀な成績を残せるだろう。
理由も分からないまま、風間に呼び出された。「いつにする?」

というような話です。
なるほど、これはなかなか面白い作品でした。舞台設定やミステリとしてのひねくれ方が、これまでにないタイプの小説に仕上がっていると感じました。
まず、警察学校という舞台設定が良い。この作品は、広い意味で捉えれば警察小説ということになるのだろうが、実際の設定は学園小説に近いと言えるだろう。
しかし、じゃあ青春小説なのかというと、そういうわけでもない。何故なら、登場人物たちが決して「若者」ではないからだ。警察学校には、高校を卒業したばかりの人間もいるのだろうけど、本書ではそういう人間はあまり描かれない。大学出というのはいるだろうけど、それ以上に物語に足跡を残すのは、転職組である。元々別の仕事をしていたけれども、何らかの事情で警察官を目指すことにした人たち。そうすると、自然と年齢層もばらついていく。
さらに、警察学校という特殊さが、本書を青春小説にはしない。警察学校は、恐ろしく厳しい規律によって日常が支配されていて、誰もが窮屈さを抱えている。私語が許されていなかったり、罰としてランニングを科せられたりと、プライベートで学生たちが話をするような機会がそう多いわけではない。そういう特殊な環境が舞台だ。

感想

しかし、警察学校の特殊さは、この一文ですべて表すことが出来るだろう。

『必要な人材を育てる前に、不要な人材を篩い落とす場。それが警察学校だ』

適性がないと判断された者は、すぐに追い出されていく。適性があるように見える者であっても、まったく予想もしなかった方向からグサリとやられることもある。警察官や刑事の世界は、死と隣り合わせだろうし、憧れだけでどうにかなる世界ではないと思っていたけど、警察学校という場から既にそのスタンスが徹底されていて、その雰囲気が凄く伝わってくる作品だった。
本書は、ミステリ的にもなかなか面白い作品だ。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く