ジェリーフィッシュ(雛倉さりえ)の書評・感想

1301views黒夜行黒夜行

このエントリーをはてなブックマークに追加
ジェリー・フィッシュ

高校という箱庭の中で、純粋に美しいものを追い求める若者たち。おそろしいもの、はかないもの、みにくいもの、とうめいなもの。人それぞれ、美しさへの感受性は異なる者たちが、今目の前にある現実の中から、望みようもなく限定的な選択肢の中から、「最善」ではなく「唯一」を選び出そうとする。若さ故の衝動と、若さ故の諦めが奇妙にないまぜになった5人の若者を描く、連作短編集。

「ジェリー・フィッシュ」
夕子にとって、叶子の存在はすべてだった。クラゲの水槽の前でキスをしたその瞬間から、夕子にとって、叶子との時間だけが唯一だった。けれども、叶子は、夕子以外にも美しいものを見つけてきてしまう。夕子には入り込めない世界に、叶子は行ってしまう。「あたしが本当に好きなのは夕ちゃんだけだから」という言葉に、嘘がないことはわかっているけど。

「果肉と傷痕」
叶子は、祐輔くんに満足できない。叶子は、自分を壊してくれるような衝動を求め続けてしまう。乱暴に、暴力的に、衝動的に。でも、祐輔くんは、優しい。その優しさが、叶子には物足りない。叶子は、祐輔くんとのセックスで、達したことがない。

「夜の国」
眞子は、好きだと言われて付き合っていた相手に「友達に戻ろう」と言われた。そんな時に、朝日先輩と出会ってしまった。眞子が昔読んで大好きだった、でも周りで誰一人読んでいる人がいない本。その本を、朝日先輩は読んでいた。眞子は朝日先輩に、読書部へ勧誘された。図書館のゆるゆるとした空間の中で、杉田先輩も入れた三人で過ごす日々の穏やかさ。

「エフェメラ」
祐輔はずっと、姉の翡翠を見ていた。今は結婚し、子どもを産み、普通の女になってしまった翡翠。子どもの頃は、あれほど輝き、あれほど透明で、まるで神のような存在だったのに。翡翠の子どもである琥珀の相手をしながら、翡翠という名の宝石の輝きについて、想いを馳せる。

「崩れる春」
中学時代、突如イジメられ始めた栞。高校に入って、どうにかみんなとうまくやってこれた。新学期。同じクラスになった宮下さんは、誰とも話そうとしないで孤立していた。昔の自分を見ているようだった。にわかに穏やかではない気分に陥る。宮下さんを助けようとしないは、同罪だ。

情景を切り取る巧さが抜群だ。まるで僕の五感を、著者の五感に接続したかのようなイメージ。視界だけではない、ありとあらゆる感覚の触手を世界に対してゆるりと伸ばしていくことで、「今」を、「その時」を、「その瞬間」を切り取っていく。

『一度目のキスはわたしたちの原点で、二度目のキスはわたしたちの頂点だった。あとに残されたのはゆるやかな坂道だけ。けれどわたしたちは気づかないふりをして、ついばむようなくちづけを幾度も繰りかえした。』

「一度目のキスはわたしたちの原点で、二度目のキスはわたしたちの頂点だった。」という一文だけで、夕子と叶子の関係性を切り取っていく。絶望を内包した夕子は、しかしそれを直視しない。感情の欠片を欠片のまま放置して、元の形を想像しようとしない。そうやって、果てしない日常を突き進んでいく。

『なにもかも全部、あなたのせいだ。あなたの残した傷のせいで、あたしはまた、ひとりになったよ』

自分の求めているものが手に入らない。それは、基本的に満たされた日常の中では、贅沢な悩みなのかもしれない。しかし、叶子にとってそれは、切実すぎる衝動だ。叶子の内側に残り続けている傷は、きっとこれからも叶子を振り回す。叶子に関わる人間をも振り回すだろう。その長い予感が、この短い物語から漂ってくる。

感想

何も求めないことが正しいと信じる眞子。手に入れたものは、すぐに蒸発してしまう。高校生はそんな環境にいると知っている。未来は、適度に分断されていく。ここから永遠に、何かが地続きでいられるとは思えない。見えない予感、見たくもない予感、見えてしまう予感。そうしたものに取り囲まれながら、少女たちはそれでも「今」を懸命に手探りで見つけようとする。様々な「予感」でぎゅうぎゅうに溢れ、もはや何も詰め込めないのではないかという「今」を。

『ぼくには理解できない。女とい生きものの仕組みが、湿り気を帯びた狂気の根源が、じぶんの子どもを生むという感覚が、そしてそのすべてを孕んでなお、柔らかくて細くて華奢な骨格が、理解できない。生きるためだけにつくられたはずの器官が、どうしてこんなにも美しいのだろうか』

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く