写楽 閉じた国の幻(島田荘司)の書評・感想

1242views黒夜行黒夜行

このエントリーをはてなブックマークに追加
写楽 閉じた国の幻(上) (新潮文庫)

本書は、島田荘司が小説家デビューをした当初からアイデアとしては持っており、様々な事情によってようやく書く体制を整えることが出来た、江戸時代の天才絵師「写楽」の謎を追う物語です。
さて、本書の内容に入る前にまず、「写楽問題」について整理しましょう。
写楽は誰なのか?という問題は、これまで大きな論争を生み出してきた。何故それほどまでに、写楽は謎めいた存在なのか。
まず写楽は、当時の江戸で大人気となったはずだ。これは、版画の元の板が大量に残っていることから明らかだ。売れて刷りまくったからこそそれが大量に残っているわけで、売れなかったはずがない。
しかし写楽は、寛政6年の5月からたったの10ヶ月しか歴史上の登場しない。それ以降、まったく姿を表さないのだ。何故それほど大々的に売れたはずの写楽が、たったの10ヶ月で歴史上から姿を消してしまうのか。
また、写楽は、当時の一大版元である蔦屋重三郎が歌舞伎絵を刊行したのだが、その扱いがハンパではない。当時の大スターである北斎や歌麿のデビューの時だってここまでやらないだろう、という驚異的な売り出し方だったのだ。デビュー時から28点同時刊行、しかも黒雲母摺という豪華版。こんな扱いを受けた絵師は、写楽以外に存在しないのだ。何故蔦屋重三郎は、まったく無名だったはずの写楽に対して、こんな扱いをしたのか。
まだある。写楽は当時の江戸で大々的に話題になったはずだ。しかし、蔦屋重三郎と関わりのあった絵師も、蔦屋重三郎自身も、写楽が登場しなくなって以降、一切話題に載せないのだ。蔦屋重三郎と関わりのあった絵師は、確実に写楽と会っているはずだ。蔦屋重三郎がそれほど思い入れ、しかも28点も一気に刊行させたのだ。蔦屋重三郎と関わりのあった絵師が誰一人写楽と会っていないとは、考えにくい。しかし彼らは一様に、写楽の話題を出さない。これは、写楽問題を考える上で、非常に重要で難しい問題だ。
また写楽は、当時の歌舞伎絵の常識を逸脱している。当時の歌舞伎絵は、実物よりも綺麗に描くことが当然だった。また、ブロマイドとしての性質もあったのだから、千両役者のような超人気役者ばかりの歌舞伎絵ばかりが流通していた時代だ。
しかし写楽は、千両役者だけではなく、端役の役者も同じように描いた。しかも、実物より綺麗に描くものだという当時の常識を覆し、見たまま実物を描いた。これは、当時の常識から外れまくっているので、当時の江戸で売れるはずがないのだ。しかし蔦屋重三郎は、写楽を大々的に売りだした。写楽がなぜ、端役の役者も描いたのか、そして見たままそのものを描いたのか。それも謎のままだ。
実は写楽の謎というのはまだまだあるのだけど、多すぎるのでこれぐらいにしておこう。
この謎めいた人物が誰だったのか、数多くの人間がこれまで様々な説を唱えてきた。その中に、「別人説」と呼ばれるものがある。これは、「写楽とは、当時の有名人の別名である」という考え方だ。絵の才能が世界クラスであること、当時の出版界の重鎮である蔦屋重三郎と繋がりがあったこと。それらから考えて、当時のメジャーだった誰かが、写楽という別名で絵を描いたのではないか、という考え方が広まっていく。というか、そうとでも考えないと説明がつかないのだ。

感想

でも、本書で提示される結論は、魅力的でした。でも、貞三にしても、それは誇大妄想だろう、と初めは思いました。詳しいことは本書を読んで欲しいけど、ありとあらゆる条件が奇跡的に積み重ならないと、絶対に成立しないような、そういう綱渡り的な仮設だった。
そして、本書が物語的に面白くなるのは、僕はここからだと思っています。本書で、そんなことがホントにありえるのか?と思うような前代未聞の仮設が提示されてから、その仮設を検証するまでの過程。ここがもう、実にスリリングでした。貞三は、再三落胆する。やっぱりそうか。そんなに都合のいいように現実は動かないよな、と。しかしその度に、奇跡的な発見や、誰もが忘れていた盲点などに気づいて、その度毎に奇跡的に前進していく。そしてついに、誰もが不可能だ、ありえないと思った仮設が、あらゆる資料に基づいて「不可能ではない」というところまでたどり着くわけです。この臨場感は、見事

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く