ソーシャルデザイン50の方法(今一生)の書評・感想

1820views黒夜行黒夜行

このエントリーをはてなブックマークに追加
ソーシャルデザイン50の方法 - あなたが世界を変えるとき (中公新書ラクレ)

本書は、実際今行われているソーシャルデザインの50(以上)の実例を元に、自分に出来ることを模索させるような、そんな作品に仕上がっています。
「ソーシャルデザイン」と聞いて、パッと何か頭に浮かぶでしょうか?僕自身はこの「ソーシャルデザイン」に最近特に関心があるのですが(関心があるだけで、行動は伴わない)、まだまだ日本ではこの「ソーシャルデザイン」が「日常」にはなっていないという印象が強いです。ネットの辞書で拾うと、「どのような社会を築いていくかという計画。社会制度から生活基盤の整備に至るまで非常に幅が広い。」というような意味が出てきますが、僕なりに表現すると、「身近な問題に小さなアクションで解決策を模索すること」というのが、個人にとっての「ソーシャルデザイン」の意味かなと思います(企業や社会にとっての「ソーシャルデザイン」は、また違う意味を持つでしょうけど)。

『「弱者のガマン」と「他人の無関心」の共犯によって、問題は日に日に深く広く世の中に拡大していき、やがて誰もが手に負えない大きな社会問題に育ってしまう。(中略)社会問題には、1億2000万人超という人口から見れば、少数派になる人々の問題が数多く含まれている。それらを「小さい問題」だと片付ければ、「当事者のガマン」と「多数派の無関心」との相乗効果で誰の手にも負えない大問題に発展しかねない』

『この佐藤さんの言葉は、医療の分野だけでなく、多くの専門家が自分の職域にしか関心がないために消費者に不安や不満が少なからず生まれることを示唆している。
それに気づかず、「専門外」のことを「関心外」にしたまま消費者をただの「お金を払う人」としてしか認知できないからこそ、多くの人が「社会的弱者」になってしまうのだ。
社会的弱者を作り出しているのは、自分の職域外に対する無関心である』

このような問題提起を著者はしていきます。僕らの身近には、色んな問題がある。テレビでは取り上げないけど身近で暮らしに直結する問題、あるいはテレビで取り上げないほどのマイノリティな存在に関わる問題。そういう問題に対して、あなたはどんな態度を取っていますか?と、著者は問いかけるのだ。

『だから、どんな社会問題もやがて自分の身に降りかかる苦しみとなることを忘れずにいたい。そして、自分がイ過ごせない社会問題は、政治家に頼ることなく、自分たちの手で解決していけると信じてほしい。既に多くの人が自分が見過ごせないと思った社会問題の解決に動き出している。市民の力で社会をより良いものへ作り変える活動はソーシャルデザインと呼ばれ、町作り・環境保護・福祉・ビジネスなど、多くの分野で試みられている』

しかし、自分にはそんな大層なことは出来ない、と思う人も多いだろう。社会問題を解決する?環境保護を促進させる?福祉を充実させる?無理無理、そんなん自分の手に負えるような問題じゃないって、そういうのは、政治家がやるんでしょ、と思う人も多いだろう。しかし、「自分にはそんな大層なことは出来ない」という思い込みから抜け出すことがまず大事なのだ。

『しかし、自分が仕事で覚えた技術や経験に大きな価値があることに気づいていない人は少なくない。毎日同じような作業を繰り返し、同業者とだけ顔を付き合わせていれば、「自分は『できて当たり前』のことしかしていない。自分よりできる人はいっぱいいる。だから自分は世界を変えるような技術なんてもっていない」と思いがちだ』

感想

『本業を通じて子どもたちに夢を与えるのは、マンガ家の特権ではない。どんな仕事でも、それぞれの仕事現場では日々培ってきた独自の技術で子どもたちを喜ばせることがdえきる。
山本さんがふだんの仕事の価値を被災地の子どもたちに教えられたように、ボランティア現場ではふだんの仕事が他の業界の人にどう映るのかを知らされる。
自分や同業者にとって当たり前の職業技術は、その業界を知らない大人や子どもたちにとっては魔法使いの杖と同じ。
つまり、働いている人の誰もが、自分が無理なくできることで弱りきった人たちを救える力をもっているのだ。
あなたの魔法は何?

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く