ゆるく考えよう(社会派ブロガーちきりん)の書評・感想

1022views黒夜行黒夜行

このエントリーをはてなブックマークに追加
ゆるく考えよう 人生を100倍ラクにする思考法

本書は、月間100万ページビュー以上のアクセス数を持つ「Chikirinの日記」を運営する、自称“おちゃらけ社会派ブロガー”であるちきりん氏が、自身のブログに書いたエントリーから選り抜き加筆修正しまとめたものです。
ちきりんの本、初めて読みましたけど、ちきりん素晴らしいなぁ!僕はとにかく、「考えている人」「考えていることを言葉で表現できる人」が好きなんだけど、ちきりんはさらにそこに「メッチャ頭がいい」という要素も加わる。「頭がいい」というのは、僕の中では、「思考によって本質にたどり着ける状態」を指す。ちきりんは、小難しい言葉なんか全然使わないで、「そうそう!まさにその通り!」と思わせてくれるような本質に行き着くような人で、とても好きだ。
まあ、「本質」だと思っているのは、僕の価値判断なわけで、ちきりんの書いていることを「本質的だ」と感じない人もきっといるのだろうけど。恐らく世の中にはきっと、ちきりんが書いていることが理解できない人もきっといるのだろう。別にどっちの方がいいとかそういう話でもないんだけど、僕は、納得するかどうかはともかく、「ちきりんのような考え方」を認められる人、可能性の一つとして受けいれられる人が好きだ。っていうかそうじゃなくて、そう受け容れられない人とはたぶん、友達にはなれないだろうなぁ。

『あなたは人生をトコトン楽しんでいますか?仕事、趣味や遊び、家族や友人とのつきあいはもちろん、食べること、眠ること、ボーっとする時間まで含め、楽しみながらストレスなく快適に過ごしているでしょうか?
「人生を楽しく、ラクに過ごすためには、もうちょっとゆるく考えたほうがいいよね」―ちきりんがそう考えはじめたのは、失われた10年が20年になり、明らかに時代が変わりつつあるにもかかわらず、今までと同じように「とにかく頑張る式」のやり方を続けることが、あまりにも非生産的に思えたからです』

『日本社会には「社会のため全体のために、個を抑制し我慢すること」を美徳とする考えが蔓延しています。この本では、それらの社会が押しつけるガチガチの固定観念に縛られず、自由に楽しく自分らしく生きるためには、生活の様々な面でもう少し「ゆるく」、たとえばこんなふうに考えればいいのじゃないかな、とちきりんが感じたことをまとめています』

冒頭に、こんな風に書かれている。読む人が読めば(ちりきんが書く、「本質的だからこそちょっと尖っているように見えもする意見」を受け容れられる人が読めば)、とても有益な作品でしょう。本書を読むと、自分の人生をガチガチに縛り付けている様々な「固定観念」をあぶり出すことができることでしょう。

『形式的に自分を縛るもの、たとえば家族のために働く必要があるとか、介護や育児をしなければならないというわかりやすい縛りがあると、まるで自分はその縛りがなければ自由になれるかのような幻想に浸ることがでいます。高校生のちきりんが「経済力さえあれば自由になれる」と信じていたように、です。けれど、そういった「安直な言い訳」から開放されると、人は本当に自分を縛っているものと対峙することになります』

自分自身を縛り付けているのは自分自身の思考だ、というようなことに僕が気づいたのは、いつのことだっただろう。たぶん、大学を中退した後だろうなぁ。それに気づけたからと言って、僕の人生が劇的に変わった、なんてことはもちろんないのだけど、なんというか、慎重に生きていくことができるようになったように思う。

感想

ちきりんが、こんなことを書いていて、恐ろしく共感してしまった。

『「うつ病になりやすい人の特徴」としてよく、「まじめで責任感が強い」「内省的」「心配性でネガティブな方向に考えがち」「几帳面」といった項目が挙げられますが、それを聞いているといつも「まさに自分の性格だなあ…」と感じます』
僕もです!自分で言うのもなんですが、僕もホントにそういう性格で、この厄介な性格にはまあ度々翻弄されてきました(僕自身も、僕の周りの人間も)。そしてさらに、ちきりんがこんなことを意識して生きていると書いているのを読んで、さらに共感しました。

『「自分だけは大丈夫」と思っている人が危ないと聞くこともありますが、ちきりんの場合はその反対で、「自分は気をつけないと病気になるかも」とずっと心配してきました。ある意味、「予防的な認知療法をやってきた」わけです。』

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く