白夜の大岩壁に挑むの書評・感想

1025views黒夜行黒夜行

このエントリーをはてなブックマークに追加
白夜の大岩壁に挑む クライマー山野井夫妻 (新潮文庫)

『かつて山野井泰史は、「世界最強」と呼ばれたクライマーだった』
『山野井泰史の登攀は、どれも世界の山岳史に残る”記録”であった』
『日本には山野井の影響を全く受けていないアルパインクライマーなどいない』

ある時山野井泰史は、両手足の指の大半を失った。

『泰史の両手には、薬指と小指がない。右手の中指の先も欠けている。
2002年、ヒマラヤ。ギャチュンカン(7952m)で下山中、雪崩に襲われた。
凍傷を負った指は根本から真っ黒に変色し、帰国後、手術で切断せざるを得なかった。さらに手だけではなく、右足のつま先も凍傷に冒されていた。右足はごほんの指全てを失ってしまった。』

泰史の妻で、同じく女性クライマーとして上を行くものはないと言われるほどのクライマーだった山野井妙子も、指を失っている。

『妙子は、泰史以上にハンデを背負っている。1991年のマカルー(8463m)、そして泰史と一緒に登ったギャチュンカン。二度にわたって凍傷を置い、18本の指を切断したのだ。とりわけ手の指は、ギャチュンカンのあと、ほとんど根本から切断してしまった。その手でクライミングに欠かせない細かい作業を行うのは、容易ではない』

事故の後、泰史はこう思ったと語る。

『こういう難しい登山、難しいものを求めるような登山はもういいだろうと、思ったね。もうできない、というより、もういいだろう、と思ったね。僕はそれまで、ものすごい数の難しいクライミングを行なってきたし、もしかしたら誰よりも追求してきたと思うんだ。だからかな…。山を嫌いになったわけでは、もちろんないよ。ただ、何かを追求していくような登山は、もういいかなと思ったんだ』

事故から五年後。トレーニングを積み重ね、泰史も妙子も、以前並とは行かないまでも、かなり難しいクライミングもこなせるようになってきた。そして彼らは、ある目標を定めることになる。
グリーンランド。
この地には、未踏のビッグウォールが山ほどある。泰史は、誰も手をつけていない、という点に惹かれる。標高差1300m、登頂までに三週間掛かると踏んだ、彼らにとって挑戦いがいのあるビッグウォールに、彼らは「オルカ」という名をつけた。
「世界最強のクライマー」の新たなる挑戦が、今始まる。
というような内容です。
山関係の本を時々読むので、山野井泰史という名前は知っていたのだけど、山野井泰史に関する本を読んだのは初めてなので、非常に新鮮でした。
そう、僕は、山野井泰史の「垂直の記憶」も、沢木耕太郎の「凍」も読まないままで、本書を読んでいたりします。
先に挙げた二作は、泰史・妙子が共に指の大半を失うことになった、ギャチュンカンの雪崩事故に関するノンフィクションです。それも読みたいと思っているんですけど、なかなか手が出ず、何故かこっちを先に読むということになってしまいました。「垂直の記憶」も「凍」も、いずれ読もうとは思います。
本書は、NHKのドキュメンタリーの書籍化であり、元々はドキュメンタリーとしてテレビで放送された。あとがきでディレクターが書いているが、そのドキュメンタリーは映像的には「雄大な自然をフューチャーしたもの」と捉えられがちだが、実際には山野井夫妻の人柄が全面に押し出される内容になっていたそうです。
そしてやはりそれは、本書も同じです。
本書では、泰史がグリーンランドに目を付け、実際に下身に行って「オルカ」を「発見」し、それから準備を重ねて登攀、最終的に登頂する過程が描かれます。

感想

しかしあくまでもその「登山」に関する部分は、主軸の一つでしかありません。もう一つの主軸は、山野井夫妻という人間に焦点が当てられています。
例えば指を失ったことについて。泰史と妙子はそれぞれこんな風に言っている。

泰史『指がまっとうなとき、日本の岩場で練習してるときとか、「あ、山野井さんが登ってる」とか言われることもよくあったんだよ。それで登れなくて落ちることもしょっちゅうあるわけだよね、そうするとやっぱり恥ずかしくてさ。でも今は、落ちても言い訳ができる、というのがある。まあ自分の中では本当はそういうの、嫌なんだけど。でも恥ずかしくなくなったよね、人前で落ちることが。それが唯一いいことかな』

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く