いいマンションを買うためのポイントと「ダメマンション」

6523views本で人生は変わる本で人生は変わる

このエントリーをはてなブックマークに追加
現役・三井不動産グループ社員が書いた!やっぱり「ダメマンション」を買ってはいけない

「ダメマンション」とは

ダメマンションと聞いて、どんなマンションをイメージするでしょうか?「手抜き工事で建物に欠陥があるマンション」というのが、最初に思い浮かぶのではないでしょうか。もちろんそれもダメマンションです。

しかしそれだけではありません。買い手がつかないような不便な場所のマンションもダメマンションですし、ちょっと待てば下がるのに購入してしまい、契約して引渡しを受けるまでにマーケットが悪化して大きな含み損を抱えたマンションも、ダメマンションだと考えています。

ダメマンションとは、相場よりも安くしか売れず、売れてもローンが返済しきれないマンションと定義づけています。本書では略して「ダメマン」と呼びます。ダメマンを買うことによってせっかく思い切って生涯で一番高い買い物をするのに、それを人生の足枷にしてはいけないのです。

ダメマン=売りたい時にローン残債以下の相場以下でしか売れないマンション

そして、相場以上で売れ、売れば現金が残るマンションを「いいマン」と呼びます。最低でも、ローンの残額よりも高く売れるマンションを選び、高値でつかまない買い方をして下さい。

いいマンションを買うための5か条

1. 売らざるを得ないこともあると思って物件選びをする
2. 自分は営業マンにとって大勢のひとりということを忘れない
3. 変えられるものに惚れない
4. 焦りは禁物だと肝に銘じる
5. 煽り文句の裏を読み引っかからない

いいマンションのポイント

1. 立地
2. 沿線・最寄り駅
3. 将来いい変化がある土地が狙い目
→利便性の高い場所での大規模開発
→新駅予定地
→沿線延伸計画
→大規模公園予定地

感想

消費税増税前にマンション買うなと言いたい。まずはマンション購入の本を読もう。そして、結構詳しいのでおすすめです。とにもかくにも立地な気がしています。

このまとめと関連のあるカテゴリー

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く