Orthogonal Frequency Division Multiplexing

1166viewsNaosukeNaosuke

このエントリーをはてなブックマークに追加
わかりやすいOFDM技術

OFDMとは

  • 多数の直交した搬送波を用いて伝送を行うマルチキャリア伝送方式
  • スペクトルが重なった状態でも正しく各ディジタル変調信号のデータを分離して復調する
  • 周波数帯域を有効に利用することができる

干渉

  • シンボル間干渉(ISI:Inter Symbol Interference)
  • キャリア間干渉(ICI:Inter Carrier Interference)

DFTを用いなかった場合

  • 数多くのデジタル変調器が必要
  • 搬送波間の周波数のばらつきの調整が難しい

搬送波数を増やした場合

  • ガードインターバルの負荷による伝送速度の損失を減らせる
  • 直交性の崩れの影響を受けやすい

取り扱う信号の分類

  • ベースバンドOFDM信号
  • 搬送帯域OFDM信号

同期

  • シンボルタイミング
  • キャリア周波数
  • サンプリング周波数

伝送路ひずみの補正

  • 差動復調(遅延検波)
  • 伝送路特性の推定→波形等化

波形等化

  • ZF(Zero Forcing)等化

 伝送路特性の絶対値が非常に小さい時(ディップ)、雑音の影響が大きくなる

  • MMSE(Minimum Mean Square Error)等化
 雑音の値が必要

その他

  • 適応サブキャリア変調→注水定理
  • PAPR(Peak to Average Power Ratio)
  • SFN(Single Frequency Network)

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く