一発当てた以外、新事業すべてに失敗したウィッカムには正直、敬服せざるを得ない

1251viewstombi-aburagetombi-aburage

このエントリーをはてなブックマークに追加
天然ゴムの歴史: ヘベア樹の世界一周オデッセイから「交通化社会」へ (学術選書)

ブラジルからアジアに移植(プラント・イントロダクション)され、再びアジアからブラジルに里帰りした天然ゴムの歴史。

第5章 ウィッカム、失敗に魅入られたプランター

天然ゴムの偉人(?)ウィッカムは、最も天然ゴムの生産性が高いヘベア種を現地で発見し、7万粒採種して英国政府に送ってひと財産作ったものの、自分が挑戦したプランテーション事業にことごとく失敗。まったく成功しない見事な失敗っぷりが面白い。

第6章 ゴム・プランテーションの確立とリドレイ

主に、天然ゴム(ヘベア樹)のプランテーションを成功させた大英帝国(イギリス)のリドレイの取り組み解説。
その一方でウィッカムは失敗続き。

第7章 ブラジルへ里帰りしたヘベア樹

フォードは原産地ブラジルで栽培に挑戦するも、風土病にやられて全滅。アジアでは栽培(プランテーション)に成功したが原産地では失敗したのは面白い。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く