浅草キッドの書評

1225viewsuchida4649uchida4649

このエントリーをはてなブックマークに追加
浅草キッド (新潮文庫)

芸人ビートたけしが師匠である深見千三郎との師弟関係を描く。
大外在学中に浅草のトップスターであった深見千三郎に弟子入りし、
エレベーターボーイからその芸歴をスタートさせる。

フランス座の舞台で芸を磨くうち、高度経済成長時代がやってきて、
芸人たちはこぞってTVへと移っていく。

その中でも千三郎は頑なに舞台を守り続けた…。

そんな最後の浅草芸人深見千三郎とその最後の弟子となった
ビートたけしとの人情あふれる師弟関係を書いた作品です。

なぜたけしはタップをやっているのか?
その秘密がわかりますよ。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く