プレゼンを上達させるための「5つの習慣」

29879viewsvioletReadervioletReader

このエントリーをはてなブックマークに追加
バスガイド流プレゼン術 天才ジョブズよりも身近な達人に学べ

概要

身近なバスガイドさんから学ぼう。

  • バスガイドの流れと、プレゼンの流れは似ていると著者は考え、そのノウハウをまとめたのが本書となっています。
  • プレゼンテーションが苦手な人向けとなっていて、シンプルなイメージを持ってもらう事、ノウハウやテクニックじゃない、本質を掴んで貰う事がポイントとなっています。
  • 本書から、普段の生活からプレゼンを上達させるための5つの習慣がよかったので、まとめました。

プレゼンを上達させるための5つの習慣

1.プレゼンに生かせるように話してみよう!

  • 日頃から比喩を交えて話す。
  • リアクションを交えながら、会話形式で話す。
  • 3つの理由をまとまるなど、「三ぐせ」をつける。テクニックを実践してこそ使えるようになる。

2.超ポジティブキャラを演じるよう!

  • 本番がスタートしたら、プレゼンターは自信満々、自分の考えを疑わない、超ポジティブキャラになった方がよい。
  • 緊張したら、平常心に戻ろうとせず、非日常と思って、超ポジティブキャラを演じるのも手。

3.自分があこがれる人のプレゼンをマネよう!

  • 好きなプレゼンターを見つけて、徹底的に真似をすると、非常に効果的。
  • スティーブ・ジョブスのような、自分に全く似ていない人は、さすがに真似し難い。
  • 1日1回は見るようにしよう。それで飽きない人を見つけよう。

4.無関心は敵だ!

  • 聞く側の気持ちになって、「良い所」、「悪い所」を分析するようにしよう。
  • 最低限、相手の配慮をしよう。

5.プレゼンの機会を作ろう

  • 場数を踏んで、プレゼンをする時のギアチェンジをスムーズに出来るようになろう。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く