手みやげのビジネスマナー

2204views本で人生は変わる本で人生は変わる

このエントリーをはてなブックマークに追加
接遇の達人ANAのCAが明かす 21世紀型 デキる男のビジネスマナー

手みやげは何を持っていく?

訪問時に手みやげを持っていったほうが良いか、持っていくとしたら何にするかは、とても悩ましい問題です。

手みやげを持参したほうが良いケース

①個人のお宅を訪問する時
②会食(接待)にお招きする時
③謝罪に伺う時

おすすめの手みやげ

①老舗のお菓子

手みやげとして最も無難です。

②自社の地元の名物となっているお菓子

挨拶の際に話題にできるのでおすすめです。

③最近話題のお店・人気のお店のお菓子

挨拶の際に話題にできる上、なかなか手に入らないものを持ってきたという熱意も相手に伝わります。

お菓子は、小分けになっていて、相手先の社員の方々が皆様で食べられるものが良いと思います。また、受け取る側が心理的負担を感じない金額(数千円程度)のものにするのがスマートです。なお、会食にお招きするときは、人数分用意しましょう。

感想

手土産だけでなく、ビジネスマナーを学ぶのにいい1冊です。CAさんの気遣いもわかります。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く