疲れてしまったときに読みたい! 心の疲れがとれる本から「心の疲れ」をとる方法を紹介!

4307viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
心の疲れがとれる本

心の疲れをとる方法

・新しい信念についてじっくり考えてみる
・幸運とは選び取るもの。遺伝子や運の良さだけがもたらすものではない
・気が滅入るような質問をすれば、100%気が滅入る答えが返ってくる
・人生が変化球を投げてきたら、その球を打ち返して場外ホームランにしてしまおう
・古い服や靴を捨てることで、脳に古い思考や観念を捨てる訓練をさせよう
・人生を無限のアイスクリームショップだと思ってみよう
・「やるべきこと」のリストではなく、「なるべきもの」リストを作る
・ネガティブ思考は丸めて、小さなかたまりにしてしまおう
・何にでも興味を持つ習慣を育もう
・暗い気分を払拭するために、ときには自分の殻から抜け出してみよう
・自分が会話にどんな味つけをしているか観察しよう

心の疲れがとれる本

心の疲れがとれる本

  • カレン・サーマンソン

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く