SWOT分析を中心とした経営戦略の基礎

1503viewsatsumoatsumo

このエントリーをはてなブックマークに追加
これだけ!  SWOT分析

タイトルと中身があってないけどSWOT分析を中心に経営戦略の基礎が学べます。

経営戦略とは?

・戦争に勝つための技術を経営に活かしたもの
・持続的競争優位を保持するための打ち手の策=ずっと競争にかつためにやれることのリスト
・経営資源と市場機会のベストな組み合わせでずっと競争に勝つためのリストを考えること

SWOT分析とは?

強み Strength
弱み Weekness
機会 Oppotunity
脅威 Treat
を書き出して経営戦略を考えるツール。
単一事業の分析に向いている*
強み弱みは内部環境の分析
機会と脅威は外部環境の分析

*複数事業の分析にはPPM(プロダクトポートフォリオマネジメント)
市場の成長率高/低い
自社のシェア高い/低い
の2軸で製品群を捉える

SWOT分析の前にやっておくこと

お客さんが何に価値を感じてお金を払ってくれているのか?
その大事だと感じる要素は何なのか。
それをどのような形で満たすパターンが存在するのか。
お客さんから話を聞いて価値を感じる要素を把握する。
(SWOT分析ではこれらを問題にしない。)

経営資源と市場機会の最適な適合
(企業が持っている資源に応じてできる固有のことと、みんなが欲しいものの変化によって起こるチャンスを最適に組み合わせる)
を目指す

外部環境の分析

自社、お客様、ライバル企業
お客様が何を求めているか。
変化に注目する。
どう変わるのか、どう変わると嬉しいのか、どう変わると困るのか。

SWOT分析から施策を打ち出す

強みを活かして機会を利用できる施策は?
強みを活かして脅威に対抗する施策は?
弱みを踏まえて機会を活かすことができる施策は?
弱みを踏まえて脅威を避けることができる施策は?

内部環境の分析

経営資源(ヒト、モノ、カネ、情報)、固有のできること()
リソースベースで強みを見つける2つのフレームワーク
・VRIO
価値 Value
希少性 Rarity
模倣可能性 Imitability
組織 Organization
・DSA
要求充足性 デマンド
希少性 スケアシティ
専有可能性 アプロプリアティ

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く