橋下徹 改革者か壊し屋か―大阪都構想のゆくえの書評・感想

2865viewsOrange_100_Orange_100_

このエントリーをはてなブックマークに追加
橋下徹 改革者か壊し屋か―大阪都構想のゆくえ (中公新書ラクレ)

「大阪都知事」・橋下が、貧困都市を再生する!?

茶髪でジーパンの熱血弁護士。型破りで斬新なアイデアで破綻危機の大阪を再建すべく掲げた「大阪都構想」その内容を徹底分析。

WTC移転構想

大阪維新の会の根本であり、大阪府議会では2度の否決となったWTC移転構想。それは大阪にとって必要な政策なのか?移転すればWTCは有効活用と言えるのか?

平松大阪市長との確執はいかにして生まれたのか?

本当に平松市長の言うとおり大阪維新の会の「大阪都構想」には中身がないのか?橋下知事の言うとおり大阪市は悪なのか?

橋下徹と石原慎太郎。

二人の共通点に迫る。

「大阪都構想」とは何か?

橋下知事が目指す「大阪都構想」のメリットとデメリットを知る。

私見

橋下徹知事の政治手法は大胆であり、かつ強引だ。批判も多い。
しかし、いままでの慣習を変えるとなると反発は必至だ。しかも相手が役所となればそれは凄まじい力だろう。そんな状況で橋下徹はどうやって改革を進めていっているのか。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く