90日で儲かる感情マーケティング戦略

1231viewsgamagama

このエントリーをはてなブックマークに追加
あなたの会社が90日で儲かる!―感情マーケティングでお客をつかむ

第1章何故悪徳業者が儲かり、正直者は失敗するのか??

価値

・商品のライフサイクルによって、反応率は大きく左右される
・お客が感じる価値が絶対的な価値を上回ったときに、購買が起きる
絶対的な価値は金額の値札であり、お客が想像する価値はその商品への期待値(期待金額)

営業

・できる営業マンは喋らない
自分の説明をするのではなく、相手のニーズを理解してはじめて商品を提供する
・(お客は)手に入らないものは欲しくなる
希少性のルール
・お客の感情的な反応を起す事がきわめて重要

第2章元エリートの告白〜エリートはこうしてあなたを罠にかける

・ビジネスの本質は見込み客を費用効果率に集め、繰り返し買ってももらう事
・見込み客を集める活動が全ての原点
・広告には「儲かる広告」と「儲からない広告」がある

ビジネスの本質のプロセス

1見込み客を費用対効果で集める
2その見込み客を成約して、既存客にする
3その既存客に繰り替えし買ってもらい固定客にする

第3章エモーショナル・マーケティングの魔法

・エモーション(感情)が広告宣伝に対する反応をあげる
・いかにお客に感情的なつながりを持つ事ができるかが決めて
・お客を前にして何をいうかによって、お客の消費欲求が換気される

営業の真理

お客を集める→お客の欲しい商品を聞く→その商品を提供する

生物の行動を起す要因

1快楽を求める
2苦痛から逃れる
苦痛から逃れるほうが、快楽を求めるよりも大きい

ダイレクトメールでの3つのポイント

1売り込み臭がほとんどしなイという事
2リスクのない提案をしているという事
*行動主は自分であり、相手に許可を出してもらうイメージ
3次の行動を起してもらうために必要な情報を全て与える
*その比較的ながい情報を読む人は商品に興味がある人

第4章お客が自動的に生み出されるシステム

・広告宣伝では、商品を売る事ではなく、興味のある人を集めることを徹底する。
・情報ツールで「そのうち客」を集める
・お客に手をあげてもらい、自分を専門家として位置付ける
・お客が成約に至るまでの階段wを容易する

「そのうち客」を集客するメリット

・ライバル会社がむらがっていない
・集客費用が安い
・「今すぐ客」に育つ
情報を与えてsmall stepを踏ましていく

お客を自動的に生み出す、究極の営業システム

1情報ツールでそのうち客を集める
2相手から手を挙げてもらう事により、専門家として位置付ける
3成約にいたるまで、お客がみずから登れるスムーズな階段を容易する

第5章あなたの会社を高収益期企業に変える90日

・新規開拓が出来ない会社は、簡単な営業プロセスをつくりあげること
・どのなにいい戦略でも、実行するツールがしっかりしていないと機能しない
・商品の切り口を変えるだけで、売上は10倍も変わる
・認知不協和と緊急性が、ダイレクトメールに反応させるポイント
・本書に書かれている事は、すべてあなたにも出来る事

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く