ラクをして成果を上げるポイント

9650viewsJackJack

このエントリーをはてなブックマークに追加
ラクをしないと成果は出ない

はじめに

作家・ジャーナリストの日垣 隆さんの著書です。
以下響いた言葉をまとめていきます。

ポイント

・ラクをして成果を上げるのが基本。

・基本的なことは既存の方法に頼ってラクをし、
細部を検証しながら、微調整していく。

・自分にできないことをしている人を、素朴に尊敬する。

・情報収集にのめりこまない。
情報とは「出会う」ものだからである。

・「特別な人」でなくても「何かのプロ」にはなれる。

・40代くらいになれば、若いときをはるかに越えた理解力がついているものです。
人はただ生きているだけでも、体験を積み、知恵を育むことができるのです。

・ブログを世界中の井戸端会議における、
「立ち聞き」として活躍する。

・「ブログ取材」には、お金も時間も手土産も要らない。

・会いたい人にはできるだけ向こうから望んで会ってもらうように仕向ける。

・理想形が駄目なら次の手を講じる。

・仕事でも「捨てる技術」が役に立つ。

・「なるほど」と思ったことは、24時間以内にやる目処をつける。

・「何をしないか」を明確にしてゆく。
人の一生は「すべて」をやれるほど長くはない。

・「長く生きるため」+「いまを生きるため」に身体をいたわる。

・ゼロか100かより、何事も腹八分目に。

・出欠を迷うイベントには行かない。

・ノウハウはどんどん公開する。
その際気をつけたいのが、ノウハウを公開するのと、
できもしない能書きをたれることは違う。

あくまで自分が体験し、培ったノウハウだけをさらりと教える事にしましょう。

・「好き」は自分を動かし続けるエネルギーになる。

・アウトプットしないものはインプットしない。

・無駄を楽しむ場は、仕事でなくプライベートでする。

・加齢と共に、遊び時間を増やしていく。

・楽天的に、用心深く。

・ヒーローになれなくても、守るべき人はある。

まとめ

「一生懸命」に働くな!
「やるべきことを」圧縮し、「やりたいこと」を
拡大する100のアイデアが書いています。

たくさんの技術が書いてあって、どんどんアウトプットしていこうと思いました。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く