感情コントロールこそがタイムマネジメントの本質

2021viewskanakana

このエントリーをはてなブックマークに追加
仕事に使える 感情コントロールの技術
  • 仕事とは時間管理、時間管理とは感情管理、感情管理とは、人生の成功です。
  • 「時間は感情」→その時間に自分が感じている感情が、時間の長さの感覚を変える。

時間の質は自分で高める

  • 時間=感情 ・ 感情=エネルギー ⇒ 時間=エネルギー
  • 出来事 ⇒ 質問   ⇒ パワーアップクエスチョン ⇒ 感情アゲ

        (無意識) ⇒ パワーダウンクエスチョン ⇒ 感情サゲ
         ↑
   この質問の質が時間の質を、そして人生の質を変える。

  • 予定を決める → その通り実行する
 この成功体験が物事を先延ばしにするクセを治す
  • 秘訣・・・リストを作り、終わったら消していく(可視化)

スッキリスト

①ずっとひっかかっていた事、やりたいけどできていない事を書き出す。
②書き出したリストの優先順位を決めて、次の4つの質問を自分に問う。
 1,どうなりたいか(願望の明確化)
 2,なぜそうなりたいか(動機の明確化)
 3,どうするか(行動計画の明確化)
 4,どうやったら楽しめるか(感情】管理による事前対応の明確化)
③今できる一番小さな事から行動に移す⇒自分はできる人なんだと感じる(この達成感が継続のコツ)
④次の行動に続いていく。

小さな事でも目に見える達成の印を手にすることで達成感を感じられる

大きすぎる項目は達成しにくい⇒小さい目標に分ける(チャンクダウンのスキル)

何の為にタイムマネジメントするのか

人生理念 「人生において大切に思う価値観、哲学、信条、理念」(土台)
  ↓
人生ビジョン「残りの人生を何の為に、誰のために、なぜ使うのかを明確にした職業観、
         そしてこうありたいという人物像」(目的)
 ↓
達成するための「目標」が決まる

  • 「目的」と目標」は一貫したものをたてる

目標を達成するための6つのプロセス

1,目標(ゴール)の土台となる「人生理念」と「人生ビジョン」を明らかにする。
2,達成に向けて障害を特定し、間違った信念を見つけ、はずす。
3,目標(ゴール)を設定する。
4,達成するための戦略的な計画を立てる。
5,日々実行する。
6,定期的にトラッキング(測定)し、改善する。

感情を使いこなす為の感情コントロールスキル

  • マイベストポジションを決める

 自分がリラックスして良い気分だった時の姿勢。

  • 信念を変える
 「起きる全ての出来事には必ず肯定的意図(プラスの意味)がある」と思い込む
  ↓
 「正しい・正しくない」の判断ではなく、自分で決める事で物事を好転させていく為の積極的で建設的な健全な思い込み
  • 言葉の使い方を変える
 「自分に対する質問」を肯定的な言葉に変える
  ↓
 習慣化する事で自分のものになっていく
  • 習慣化するためのステップ「学習の5段階」
 知る⇒わかる⇒行う⇒できる⇒分かち合う

ツールを使って感情管理

  • 朝のコンディショニング習慣
  • 夜のメンテナンス習慣

この2つで生活にリズムを作る

  • 自分の時間の使い方を可視化する。

時間管理ができるようになったら目標を設定しよう

  • 何の為に目標を達成すつのか明確にする。

目標達成のための4つのプロセス

1,基準をあげて(コミット=決断して)
2,信条を変えて(できす!と決めて)
3,知的な大量行動の計画を立てて
4,実践⇒フィードバック&改善⇒継続

感想

目標までの過程を細分化し、計画的に実行していく事が大切だと改めて感じました。めんどくさがってしまう部分ですが、大事な事なので、きちんと考え、自分と向き合っていく事が夢を実現するための確実な道のりだなと思います。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く