海外に赴任または外国人上司・部下をあてがわれ、文化の違いに翻弄された方にオススメ。

1312viewstombi-aburagetombi-aburage

このエントリーをはてなブックマークに追加
グローバル人材の新しい教科書―カルチュラル・コンピテンスを伸ばせ

異なる文化(ワークスタイル)に適応するためのカルチュラル・スキルを中心に解説している。
外国人が典型だが、ワークスタイルがまったく違う職種の人たちと付き合うようなときにも考え方は使える。

第2章 文化とカルチュラル・コンピンテンス

カルチュラル・スキルの4つのツールを紹介。

  • カルチュラル・デュー・ディリジェンス
文化の違いや類似性を評価し、それに備えること。
  • スタイル・スイッチング
目標を達成するために、自分のスタイルとは異なったアプローチを使うこと。
  • カルチュラル・ダイアログ
文化の違いを探求し、会話を通して相互に理解できるよう取り決めること。
  • カルチュラル・メンタリング
自分の文化に対する知識を活用し、他者の文化に対する適応力を向上させること。

第4章 カルチュラル・オリエンテーションズ・モデルの紹介 -文化的指向性とは

文化的指向性を自己意識、思考スタイル、相互関係スタイルの3分野に大別し、合計17の尺度を紹介・解説している。

  • 自己意識:6つのスケールと12の指向性を紹介。
 民族性の説明などでも使われる、わりあい理解しやすい指向性が紹介されている。
 例:個人主義⇔集団主義、序列主義⇔平等主義など
  • 思考スタイル:5つのスケールと10の指向性を紹介。
 単語だけでは理解しにくい指向性が紹介されている。解説を読めばなるほどと思える。
 例:リニア思考⇔体系的など
  • 相互関係スタイル:6つのスケールと12の指向性を紹介。
 これも単語だけでは理解しにくいが、解説を読めばなるほどと思える。
 例:事実重視⇔表現重視など

第6章 カルチュラル・デュー・ディリジェンス

自分と相手の文化的指向性をチェックし、相手と効率よく協働するための戦略と方法を検討できるチェックシートがある。

第7章 スタイル・スイッチング

自分の中の抵抗感をなだめつつ、相手の文化とうまく折り合いがつくワークスタイルに切り替えていく手法を解説。

付録

文化的指向性の定義(第4章に解説がある)を簡潔な一覧にしたものがある。

本書では、戦略と方法の「答え」の種明かしはされていないので、自分で考えるか、著者のサービスを受ける必要がある。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く