人生を二回、生きよう!40代で自分オリジナルの人生を始めよう!

1796viewsmarumaru

このエントリーをはてなブックマークに追加
未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる

日本に住み続ける?

 大規模な海外移民を受け入れない限り、高齢化が進むことは確実。また、グローバル化で先進国であるという優位性がなくなっていくと、この国に残る仕事は限られてくる。そんな中で、この国に住み続けることができるのか?

ストック型からフロー型へ

人生が延び、従来の子が親のメンドウを見ることが難しくなるかも。
人生の長さの違いで老後準備資金は1億円も違うことも。これを現役時代に準備するのは不可能。
であれば、いつでもちょっとした稼ぎを得られる、新しい仲間を持つことができるなど、稼ぐ力・つながる力が必要な時代。

ミニマムに暮らすという選択

国が標準と考える「夫婦+子ども2人」というパターンが多数とはならない時代。
全員が同じペースで働き続ける必要があるのか?
生活をシンプルにして、働くペースを落とすという考えもあるのでは?

人生は有限

あのスティーブ・ジョブズも50代で亡くなった。
平均寿命が80歳などと言っても、自分の寿命が80歳というわけではない。最大のリスクは、やりたいことをやらずに人生が終わってしまうというリスク

オリジナル人生を設計するために

(1)手に入れたい人生を明確にしよう!
(2)複数の将来シナリオをもとう!
(3)市場で稼ぐ力をつけよう!

感想

ギリギリ30代の自分、勤めている会社の将来に不安を覚えている自分には、とてもぐっとくる内容。まずは、手に入れたい人生を考えてみようと思った。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く