口ベタの悩みを解き、それをキャラとして活用する方法

27580viewsvioletReadervioletReader

このエントリーをはてなブックマークに追加
うまく話せなくても生きていく方法 「口ベタ」は悪くない (PHP新書) [kindle版]

口ベタの悩みを解く本

 この本は、口ベタの悩み(杞憂?)についた本で、以下の①~⑤をテーマとしているけど、特に注目なのが、最終章の口ベタやアガり症への対策方法のまとめが一番面白かった。
 ①口ベタはそんなに悪いのか?
 ②そもそも、あなたは口ベタなのか?
 ③「口達者」は損をする
 ④最初のひとことを切り出す技術
 ⑤世の中喋りすぎ

口ベタを武器にする方法

1.なるべく「非言語」で友好関係を結べるようにする。

  • 他人に好意を抱くのは「言葉」だけでないので、お世辞やお愛想を無理に使わない。
  • アイコンタクトと笑顔を使って「好意がありますよ」というメッセージを送る。

2.冒頭の話題は前回のエピソードか小物でリアクション待ち

  • 口ベタほどご機嫌うかがいのための冒頭雑談が苦手。
  • 冒頭雑談は、基本的に「相手にとってもどうでもいい話」
  • 無難に前回の話題を出せば、「覚えてますよ」のアピールになる。
  • 相手の興味を引く小物を持つのもやりやすい。

3.相手が自慢したがるネタを独り言のようにつぶやいてみる

  • 雑談が苦手な人は「いかに相手にしゃべらせるか」が基本戦略。
  • 雑談のネタふりで有効な手段は「独り言」を呟く。(そのために、事前リサーチもアリ)

4.相手の反応を予測してデータをそろえておく

  • 口ベタはなるべく「行き当たりばったりの会話」を避けるべき。
  • データや図表など、アドリブをしなくてもいいアイテムを揃えると話しやすい。

5.聞き上手になるために、「傾聴」と「観察」を武器にする

  • 口ベタということは、聞き上手になりやすい。
  • 相手の話を観察し読み取り、傾聴する。

6.相手の鏡になるオウム返し(フィードバック)の技

  • 下手な「口達者」は、相手が「言いたい事」を先に言ってしまうが、オウム返しをする事で、相手に「いいたい事」を言わせることが出来て、相手は気持ちよく話すことが出来る。

7.反論や疑問は「ためらいがちな接頭語」で切り出す

  • 話し手にならなければならないときは素直に「えーっと」など口に出す。
  • 相手も「何か言いたいことがあるのだな」と察知して、聞き手に回ってくれる。

8.「書き言葉」を会話にもちこむ

  • 口ベタでも「書くことは得意」という人も多い。
  • 書き言葉風の言い回しができると、かえって会話に重厚感が出る。

アガり対処法

1.例外探し

  • アガらない例外を探し、その感覚を意識する事で、真理的負担を減らす。

 ex) 親友の前、カラオケなど

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く