戦国時代・中世への感覚が大きくかわる

2328views恵美嘉樹恵美嘉樹

このエントリーをはてなブックマークに追加
戦いの日本史  武士の時代を読み直す (角川選書)

第一章 平清盛と源頼朝――治承・寿永の内乱
一 清盛落胤説と武力
二 清盛と「平家」の本質とは
三 東の源氏と西の平氏
四 関東こそは約束の地
五 京と鎌倉と
六 朝廷の「中から」と「外から」

第二章 後鳥羽上皇と北条義時――承久の乱
一 正当性を求める武士たち
二 果てしなき内部抗争の末に
三 七つの守護をもつ源氏
四 後鳥羽上皇の挑戦
五 実力と権威の戦い

第三章 安達泰盛と平頼綱――霜月騒動
一 謡曲「鉢木」
   霜月騒動/「鉢木」の舞台・佐野
二 御家人でありながら、御内人
三 「統治派」と「権益派」の出現と対立
   社会のリーダーとなる武士/「統治派」と「権益派」の衝突
四 「易しい教え」と「やさしい政治」
   民を慈しむ存在となる武士/浄土の教えとは何か
五 経済状況の変化がもたらしたもの
   動産世界の急成長/「撫民」の系譜の断絶

第四章 足利尊氏と後醍醐天皇――南北朝内乱
一 建武政権の評価
   譜代の否定はコップの中の嵐/後醍醐天皇の本質
二 鎌倉幕府が滅びた理由は
   後醍醐天皇は武士を味方にできたか/自ら倒れた鎌倉幕府
三 新しい武家勢力の台頭
   狙いは京の銭/バサラたちの挑戦的な振る舞い
四 分裂しながらも存続する天皇制
   天皇制はなぜ必要か/天皇の権威とは
五 将軍権力とはなんだろうか
   二つの要素をもつ将軍権力/支配圏が狭められていく中央政権

第五章 細川勝元と山名宗全――応仁の乱
一 戦いの歴史
   戦いの実態とは/将軍の働きは軍事と政治
二 応仁の乱とは何か
   日本の歴史の分水嶺/キーワードはリベンジ
三 それぞれの守護家の動向
   明徳の乱と南北朝合一/圧倒的な富の蓄積
四 嘉吉の変から応仁の乱へ
   型式より実力重視/地元で苦戦する守護大名

第六章 今川義元と北条氏康――駿東地域の争奪戦
一 日本を二つに分けると
   「都鄙の界」/下克上のストーリー
二 河東の乱と河越夜戦
   今川氏と北条氏の奪い合う「川中島」/河越の夜戦
三 「戦いと同盟」の実態を観察してみる
   戦いは生きもの/信用が家の命運になる
四 桶狭間の戦いとは何か
   歴史解釈に必要な常識/勝敗は人知を超えて決する

第七章 三好長慶と織田信長――戦国の畿内争奪の諸相
一 京都の政体の位置づけ
   「三好政権」の三好氏/戦略的な「上洛」とは/「天下の覇権を握るために上洛する」?
二 それは政権なのか
   「政権」とは何か/長慶は天下統一を目指したか
三 長慶と信長の差異
   「天下」ということば/国人領主とは/「守護大名」から「戦国大名」へ
四 信長は分かり易いのか
   信長の惨い命令/信長の新しさ

第八章 豊臣秀吉と徳川家康――小牧・長久手の戦い
一 信長の「分かりにくさ」をもう少しだけ
   日本仏教の総本山を焼いた信長/天皇と同格?/天皇を必要としなかった信長
二 秀吉と家康の戦い
   「我々跡目、くれぐれいやにて候」/小牧・長久手の戦いへ
三 秀吉の日本統一事業
   家康との全面戦争の回避/「秀吉王権」を作る
四 秀吉による天皇の奉戴
   カンタベリー大司教としての天皇/関白あっての天皇
五 家康の選択
   天下人・徳川家康/徳川家の政権確定の権威づけ

感想

川中島の戦いが「引き分け」と思っている人は読むと目からウロコです

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く