結婚にかかるお金の平均費用とは?

1843viewshalmahalma

このエントリーをはてなブックマークに追加
「29歳貯金ゼロ!  年収300万!  このままで大丈夫か!?」と思ったら読む本

婚約指輪、みんないくら使ってる?

婚約指輪は給料の3か月分が相場=これは指輪の売り手のPRにすぎない。
2010年時点での指輪の平均金額は給与の1.1か月分。
1か月分未満の人が全体の6割を占めているので、人並みでよいならば3か月分はいらない。

結婚式、みんないくら使ってる?

首都圏の結婚式(挙式+披露宴、招待人数70人)の平均費用は2011年のタイミングで360万円。
ただし、招待人数を約70人ほどであり、ご祝儀総額の平均額は約220万円となる。
さらに、平均して150万円の披露宴の開催にあたって親から援助してもらっている。

つまり、ほとんどの人が自己資金ゼロ円で結婚式を行っているといえる。

結婚生活、最初にかかるの?

引っ越し代や家財道具の購入といった費用がかかる。
結婚生活を始めるタイミングでかかった費用の平均は約100万円で、50~100万円という人が最も多い。
(内訳:家電製品購入=43万円、家具の購入=42万円、敷金礼金=28万円、引っ越し費用=6万円)

出産等における国のサポート

○妊婦健診費助成=妊娠中の女性
○出産育児一時金=出産した女性
○出産手当金=出産した女性
○育児休業給付金=育休後に職場復帰する男性・女性

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く