『即実践作法6選』その実例と考え方

29405viewsvioletReadervioletReader

このエントリーをはてなブックマークに追加
成功を手にする人のちょっとした作法

 ゴーストライターとして、成功者に会い、著書を出してきた著者が明かす、雰囲気の良い人になるための意味と作法を、6選して紹介します。それらは生活感があふれ、そんなの知ってるよって声があるかもしれませんが、それを見直してみるのも良いかなーとも思います。

雰囲気の良い人になる意味

  • タクシーの運転手数人に聞くと、「雰囲気のいい人を乗せたくなる」と言います。
  • ここで言う雰囲気は、「表情」「振る舞い」「仕草がきちんとしている」が良い人です。
  • 雰囲気の良い人は、丁重に扱われる訳で、そうなるための作法を、以降説明していきます。

身だしなみの作法

1.涼しげに汗をかこう

  • 清潔な手で、アイロンの掛かったハンカチで汗を拭く姿は、涼しげで感じが良い。
  • 成功者は、メンズエステに行く事より、小奇麗にすることの大切さを分かっている。

2.足が臭そうじゃない

  • 磨かれた靴を脱ぎ、丁寧に並べ、清潔な靴下で座ると、オッサンでも足が臭そうに見えない。
  • 生活の中で臭いときが生じるのはしょうがないにしても、そう見せない工夫をした方がよい。

食べ方の作法

3.ペロッと綺麗に食べる

  • 形式的なマナーよりも、周りが不快にならないことを意識する。
  • くちゃくちゃ音を立てない。
  • 暖かい料理、冷たい料理をおいしいうちに食べる。
  • 状況に応じたスピードで食べる(周りより遅く食べ始め、少し先に食べ終わる等)。

4.「おいしい」と言う

  • 誰かが「おいしい」という事で、周りが「おいしい」と言い出し、食べ物がよりおいしくなる。
  • 「おいしい」以上の事を言わない。言っても少しだけ。
  • 食通が語りだしても、失礼の無い程度に受け流す。たしなめても増長させてもおいしくなくなる。

人間関係の作法

5.数少ない友人を大切にする

  • 量より質で、窮地に立ってもお互い信頼できる間柄を目指そう。また、信頼できる人の信頼できる人が協力してくれるので、結果として、量と質の高い人間関係が出来る。

6.上司に余命宣告する

  • 上司と関係がうまく行かない時は、上司に余命宣告する事で、後わずかだしと思って、まぁ我慢しようという気持ちが出てくるので、それをうまく利用する。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く