超訳 ニーチェの言葉よりわかりやすい哲学名言を紹介!

4683viewsreading_boxreading_box

このエントリーをはてなブックマークに追加
超訳ニーチェの言葉 [kindle版]

どんな人にも一芸がある

  • どんな人にも一芸がある。その一芸は、その人だけのもの
  • それを早くから知っていて、充分に生かして成功する人もいる。自分の一芸、自分の本領が何であるか、わからないままの人もいる。それを自分の力のみで見出す人もいる。世間の反応を見ながら、自分の本領が何だろうかと模索し続ける人もいる

いずれにしても、くじけず、たくましく、果敢に挑戦を続けていけば、自分の一芸がわかってくる

充実した一日をおくるために

  • 一日を良いスタートで始めたいなら、目覚めたときに、「この一日のあいだに少なくとも一人の人に、少なくとも一つの喜びを与えてあげられないだろうか」と思案することである
  • その喜びは、ささやかなものでもかまわない
  • そうして、なんとかこの考えが実現するように努めて一日を送ることである

この習慣を多くの人が身につければ、自分だけが得をしたいという祈りよりも、ずっと早く世の中を変えていく

脱皮しない蛇は破滅する

  • 人間もまったく同じ
  • 古い考えの皮をいつまでもかぶっていれば、やがて内側から腐っていき、成長することなどできないどころか、死んでしまう

常に新しく生きていくために、わたしたちは考えを新陳代謝させていかなくてはならない

雑踏の中へ入れ

  • 人の輪の中へ行け
  • みんながいる場所へ向かえ
  • みんなの中で、大勢の人の中で、きみはもっとなめらかな人間になり、きっちりとした新しい人間になれる-孤独でいるのはよくない
  • 孤独はきみをだらしなくしてしまう
  • 孤独は人間を腐らせてだめにしてしまう

さあ、部屋を出て、街へでかけよう

きちんと考える人になる

  • きちんと考える人になりたいのであれば、最低でも次の3条件が必要になる

人づきあいをすること

書物を読むこと

情熱を持つこと

  • これらのうちのどの一つを欠いても、まともに考えることなどできない

理想をもつ

  • 理想を捨てるな
  • 自分の魂の中にいる英雄を捨てるな
  • 誰でも高みを目指している
  • 理想や夢を持っている
  • それが過去のことだったと、青春の頃だったと、なつかしむようになってはいけない
  • 今でも自分を高くすることをあきらめてはならない
  • いつのまにか理想や夢を捨ててしまったりすると、理想や夢を口にする他人や若者を嘲笑する心根を持つようになってしまう
  • 心がそねみや嫉妬だけに染まり、濁ってしまう
  • 向上する力や克己心もまた、一緒に捨て去られてしまう

よく生きるために、自分を侮蔑しないためにも、理想や夢を決して捨ててはならない

人生の最終目標は何か

  • 「どこから来たか」ではなく、「どこへ行くか」が最も重要で価値がある

今を越えて、どこまで高くへ行こうとするのか。どの道を切り拓き、何を創造していこうとするのか。過去にしがみついたり、下にいる人間と見比べて自分をほめたりするな。夢を楽しそうに語るだけで何もしなかったり、そこそこの現状に満足してとまどったりするな。絶えず進め。より遠くへ。より高みを目指せ。

本書の名言

自分自身と友人に対しては、いつも誠実であれ。敵に対しては勇気を持て。敗者に対しては、寛容さを持て。その他あらゆる場合については、常に礼儀を保て

超訳ニーチェの言葉 [kindle版]

超訳ニーチェの言葉 [kindle版]

  • フリ-ドリヒ・ヴィルヘルム・ニ-チェ

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く