「事業再建」を実際になぞって 書いた「事業再建計画書」

1196viewsgamagama

このエントリーをはてなブックマークに追加
V字回復の経営―2年で会社を変えられますか (日経ビジネス人文庫)

本の目的

「日本企業を目覚ましく生き生きとした企業のかえるために我々はどんな壁を乗り越えなければいけないのか」

章の構成

第1章〜第2章

事業再建計画を行う準備の段階にあたり人材の選出(本書ではタスクフォースと書かれています)と日本企業独特の「村社会」的企業

第3章〜第4章

事業再建計画を実行する準備段階と事業を成功させるために必要な要素

第5章〜第6章

再建計画の実行と実行をうけえての反応と効果

重要事項まとめ

4人の改革のリーダー

・スポンサー役
・力のリーダー
・智のリーダー
・動のリーダー
4人の改革リーダーは必要だが、複数人で同じ役割をこなす事は可能

改革の9つのステップ

           ↓1期待のシナリオ
2成り行きのシナリオ→3切迫感→4原因分析→5シナリオ⇄6決断
                         ↓
                     7現場への落とし込み→8実行→9成果の認知

組織内の改革にたいする人材の選出

A改革推進者
      Aー1過激改革型
      Aー2実力推進型
      Aー3積極行動型
      Aー4積極思索型
B改革追随型
      Bー1心情賛成型
      Bー2中立型
      Bー3心情抵抗型
C改革抵抗者
      Cー1確信抵抗者
      Cー2過激抵抗型
D人事更迭型
E傍観型(外野席)

5つの連鎖

価値連鎖
時間連鎖
情報連鎖
戦略連鎖
マインド連鎖

勝ち戦の循環

1、勝負の戦場は明確か
    ↓
2、伸びる市場セグメントに参入
    ↓                      ↓           
3、そのセグメントに競合より先に参入/3、勝つまで執拗・集中的に勝負

    ↓
4、そのセグメントでNo.1に
    ↓
5、製品陳腐化・市場成熟による相対的後退

成功の要因とステップ

1改革コンセプトへのこだわり
2存在価値のない事業を切りすてる覚悟
3戦略的思考と経営手法の創意工夫
4実行者による計画作り
5実行ファローへの緻密な落とし込み
6経営トップの後押し
7時間軸の落とし君
8オープンで分かり安い説明
9気骨の人事
10しっかり叱る
11ハンズオンによる実行

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く