天才と凡人の違いは「人を喜ばす」かどうか!他喜力を高める目的

4343viewsreading_boxreading_box

このエントリーをはてなブックマークに追加
他人を喜ばすと、幸運が押し寄せる! 他喜力

他喜力とは・・・相手をどれだけ喜ばせることができるかという力

  • チームの結束力や能力というのは、マネジメントする人間の力量で低くも高くもなる
  • 相手の「モチベーションをどれだけ上げられるか」である
  • その根本は、「相手をどれだけ喜ばせることができるかという力」、つまり「他喜力」

他喜力の高い人が持つ「3つのくばり」

  • 1 めくばり・・・相手の好きなことを観察する
  • 2 気くばり・・・相手の好みや喜ぶツボをおさえて発揮する
  • 3 心くばり・・・思いを共有する。教育する

他喜力を高める目的

  • 他喜力とは「人を喜ばせる力」ではあるが、その本質は「自らの承認欲求を満たそうとすること」
  • 人に認めてもらいたいからこそ、人を喜ばせようとする行為につながる
  • 成功をおさめる人、超一流、大御所などと呼ばれる人というのは、成功したことに甘えるのではなく、成功させていただいた「責任」を果たそうとする
  • その責任に対する謙虚な気持ちが、人を幸運の人間に変えていく
  • 自分は生きているのではなく、生かされているという事実を悟る
  • 優秀な人間というのは、間接暗示のかけ方がうまい人間
  • 間接暗示のうまい上司のもとにいると、自分で考える習慣がついていくので、知らない間に実力が備わる
  • 人は、ノルマを課せられて働くkとには疲弊や反発を覚えるものだが、理念のもとに働くことにはヤル気をもって取り組むことができる
  • この違いがどこからくるのかといえば、直接暗示で動いているのか、間接暗示で動いているのかという点

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く