「基本と原則に反するものは、例外なく破綻する」−変化のときこそ、基本を確認しなければならない

1869viewsSummarySummary

このエントリーをはてなブックマークに追加
マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則

マネジメントの使命

マネジメントの3つの役割

①自らの組織に特有の使命を果たす
②仕事を通じて働く人たちを生かす
③自らが社会に与える影響を処理するとともに、社会の問題について貢献する。

企業の成果

[企業とはなにか

  • 企業=営利組織ではない。
  • 企業とは市場をつくるものである。企業とは何かを求めるのは顧客である。
  • 製品からスタートするものは販売であり、真のマーケティングとは顧客の欲求からスタートするものである。
  • イノベーションは新しい満足を生み出すものである。経済的、社会的なイノベーションは技術のイノベーション以上に重要である。

[事業は何か

  • 自社をいかに定義するかは、「自分たちの事業は何か」「顧客は誰か」「顧客はどこにいて何を買うか」を問うことである。
  • 「顧客は誰か」との問いこそ、企業の使命を定義する上でもっとも重要な問いである。
  • 自分たちの事業は何になるか、何であるべきか、事業のうち何を捨てるか、という問いを体系的かつ真剣に問い、その答えに従って行動しない限り、事業を定義することは難しい。

事業の目標

[事業の定義は、目標に具体化しなければならない。目標設定の中心となるのはマーケティングとイノベーションである。

[マーケティングの目標

  • 基本的な意思決定は集中の目標と市場地位の目標であり、市場において目指すべき地位は、最大ではなく最適である。

[イノベーションの目標

  • 「われわれの事業は何であるべきか」との問いに対する答えを具体的な行動に移すためのものである。

仕事と人間

[仕事に焦点を合わせる

[働きがいを与えるには、仕事そのものに責任を持たせなければならない。そして①生産的な仕事、②フィードバック情報、③継続学習が不可欠である。

[人は最大の資産である

  • 組織の目的は、人の強みを生産に結びつけ、人の弱みを中和することにある。

社会的責任

  • あらゆる組織のマネジメントが、人、環境、社会に与える影響について責任を持つ。

マネジメントの方法

マネジャー

  • マネジャーをしてマネジャーたらしめるものは、成果への貢献という責務である。
  • マネジャーたるものは、明確な目標を必要とする。目標がなければ混乱する。目標は自らの率いる部門があげるべき成果を明らかにしなければならない。
  • 目標管理の最大の利点は、自己管理できるようになることにある。自己管理は強い動機づけをもたらす。

マネジメントの技能

[組織の精神 真摯さなくして組織なし

  • ①組織の焦点は、成果に合わせなければならない。
  • ②組織の焦点は、問題ではなく機会に合わせなければならない。
  • ③配置、昇級、昇進、降級、解雇など人事に関わる意思決定は、組織の心情と価値観に沿って行わなければならない。
  • ④これら人事に関わる決定は、真摯さこそ唯一絶対の条件である。

マネジメントの組織

[組織構造成果を生むために必要な基本活動に焦点を合わせなければならない。重要なことは、組織の目的を常に念頭に置くことである。

マネジメントの戦略

トップマネジメントの役割

  • ①トップマネジメントは、事業の目的を考える
  • ②基準を設定し、組織全体の規範を定める
  • ③組織をつくりあげ、それを維持する
  • ④渉外
  • ⑤儀礼的な役割
  • ⑥著しく悪化した問題に取り組む

トップマネジメントとは、一人ではなくチームによる仕事である。

  • ①担当の分野において最終的な決定権を持たなければならない。
  • ②自らの担当以外の分野について意思決定を行ってはならない。
  • ③仲良くする必要も、尊敬しあう必要もない。ただし、攻撃し合ってはならない。
  • ④委員会ではない。チームである。キャプテンはボスではなくリーダーである。
  • ⑤ある種の意思決定は留保しなければならない。チームとしてのみ判断しうる問題がある。
  • ⑥意思の疎通に精力的に取り組むことを要求する。

マネジメントの戦略

[規模のマネジメント:企業の規模は最適化されなければならない

  • 肥大化した組織に対策をとるには、①事業の性格を変えること、②合併と買収、③売却、切り捨て、縮小(ただし、マネジメントにとって好ましくない戦略)がある

[成長のマネジメント

  • 成長には準備が必要である。いつ機会が訪れるかは予測できない。準備しておかなければならない。準備ができていなければ機会は去り、他所へ行く。

マネジメント 組織の原則

  • ①組織は透明でなければならない。
  • ②組織には最終的な意思決定者がいなくてはならない。
  • ③権限には責任が伴わなければならない。
  • ④誰にとっても上司は一人でなければならない。
  • ⑤階層の数は少なくしなければならない。

[マネジメントが責任を負うものは、成果と仕事に関わることすべてである。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く