「ひとり会議」のやり方が分かる本。1日10分であらゆる問題がスッキリする「ひとり会議」の教科書

41460viewsJackJack

このエントリーをはてなブックマークに追加
1日10分であらゆる問題がスッキリする「ひとり会議」の教科書 (Sanctuary books)

はじめに

「凄い事はアッサリ起きる」-夢-実現プロデューサーとして、
年間約200件の講演、セミナーを実施。

おもな著書に『やる気のスイッチ!』『人生のプロジェクト』を執筆している、
山崎拓巳さんのひとり会議をテーマにした本です。

以下響いた箇所をまとめていきます。

ポイント

・「やらなきゃ」という気持ちでやるより、
常にワクワクしていた方がいいアイディアがドンドン浮かぶし
行動もスムーズになり1日にたくさんのことをこなすことができます。

・「じゃあどうしたら、できる?」

・良い答えを探そうとするのではなく、
良い答えを探し出してくれる「良い質問」を探すことで、
良い答えは生まれてくるのです。

・よりワクワクするようにアレンジしていく。
「どうしたら、面白いくらい簡単に、上手くいくんだろう?」

・「ああ良かった!解決した。
さわやかー、もう、なに見ても楽しい!」

・成功したり、達成したりする人は「頼み上手」な人が多いです。
コツは「誰に」「なにを」を明確にすることです。

・時間を自分のものにするための基本は、
「緊急じゃないが、重要」なことをどんどん優先し、
先に手をつけていくことです。

・コツは「がんばらない」ことです。
人は体的にも精神的にもリラックスしている状態が、
才能をもっともよく発揮できます。

・「リラックスして、がんばること」

・『自分らしさを書き換える』
「自分らしさ」だけが変われば今のあなたが「自分らしさ」の外に出てしまうので、
おあわてで、新しい「自分らしさ」に逃げ込もうとする。

・「自分らしさ」が変わったとたん、
必要な方法もお金も人もアイディアも、
もともと自分の手元にあったんだという事に気づきます。

・「子供のころ、なにが好きだったか?」

・「一瞬にして今の状況を変えるにはどうしたらいいか?」

・意味合いが変わるから、気持ちが変わる。
気持ちが変わるから、行動できる。

・自分の直感を信じる

・迷ったら、迷わずGO!

感想

この本はwebサイトがありまして、

山崎拓巳『「ひとり会議」の教科書』
http://hk.sanctuarybooks.jp/

前からこのサイトを見て絶対読もう!と思っていた本でした。
このサイトは太っ腹でなんと一人会議の仕方をもう書いてくれています。

この本はさらにその一人会議の仕方を詳しく書いてくれていて、
オススメの質問なども書いてありとても実用的です。

頭の中のゴチャゴチャがす-っと収まってくる、
ひとり会議、オススメです。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く