実は、IQはそれほど重要ではない。社会で成功するためにはIQでなく、EQだ!

16803viewsyuutayuuta

このエントリーをはてなブックマークに追加
EQ~こころの知能指数

情動の脳

学力試験で測定されるような認知能力は広範な知性のごく一部だ。自分自信の感情や他人との関係を上手く処理する能力も知性の一部で、これは、人生を最終的に大きく左右する知性だ。

EQ―こころの知能指数

EQの定義は、
①自分自身の情動を知る
②感情を抑制する
③自分を動機付ける
④他人の感情を認識する
⑤人間関係を上手く処理する

EQ応用編

情と知が調和した生き方をするためには、 私たちはまず感情を かしこく操縦する法を知らなくてはならない。

希望とは「目標が何であろうと、目標達成に必要な意志と手段が自分に備わっていると信じること」である 。

自分の得意な分野で最高の調子が出たときの話だ。このような状態は、「フロー」(才能の横溢)と呼ばれている。〜自分自身を「フロー」の状態に持っていく能力は、EQの最高次の発現だ。

EQは教育できる

思いやりのもとになるすべてのラポール(信頼関係)は、心の波長を合わせる共感から生まれる。

愛することと働くこと、このふたつの能力こそ真の人間的成熟を示すものである ー かつてフロイトは弟子のエリク・エリクソンにこう語った。そうだとすれば、われわれにとって人間的成熟という人生の目標は手の届かないところへ 遠ざかりつつあるのかもしれない。

大切なのは一切の争いを避けることではなく、全面的なけんかに発展する前に意見や感情の行きちがいを解決することだ 。

情動の知性

社会に出て成功するのに必要な能力はIQが二割、EQが八割

EQ~こころの知能指数

EQ~こころの知能指数

  • ダニエル・ゴールマン

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く