難聴気味の人にオススメの聴覚トレーニング「難聴」の書評・感想

2086viewsきゃろっちきゃろっち

このエントリーをはてなブックマークに追加
「難聴」聞こえがクリアになるCDブック (脳幹を刺激する聴覚トレーニング)

今ある聴力を鍛えるトレーニング

難聴を「治す」ことは、現代医学においてほぼ不可能です(一部を除く)。では、一度、難聴になってしまったら、もうあきらめるしかないのでしょうか?

坂田英明先生(目白大学クリニック院長)と小山悟先生(こやま耳鼻咽喉科クリニック院長)は次のように述べています。

確かに、難聴を治すことは難しい。だが、それでもできることはある。

こちらの本は、難聴を「治す」のではなく、聞こえの明瞭度を上げるトレーニングを推奨しています。失われた聴力を取り戻すのではなく、いまある能力を最大限に高めることで、聞こえをカバーするというのが目的となっています。

人間の体というのは不思議なもので、鍛えれば鍛えるほど強くなっていきます。それは、運動をして感じられることと全く同じですよね。

難聴になると何が不安になるのかというのを、わかりやすく丁寧に説明されています。
また、「聞く」と「聴く」と「訊く」の概念、生命をつかさどる脳幹についての説明など、読んでいて納得することばかり。

付属CDは全部聞いても20分ほど。毎日続けるのが苦にならない時間です。根気よくトレーニングを続けるのが聴力を上げる方法なので、焦らず地道に続けていくことが大切です。

感想

人の話し声がなんとなく聞きづらくなったなぁと自覚してから早数年。前に耳鼻科で診察してもらったものの「病気ではない」ということでなす術なしの状態。ふと立ち寄った書店でこちらの本を見かけて、運命を感じて思わず購入してしまいました。早速、本を読んで、聴覚トレーニングに挑戦してみたのですが、少しずつ効果が表れてきたようです。今現在、毎日トレーニングして3週間目ですが、小さな音を聞き分けることが出来るようになりました。トレーニングということで、トレーニング部分を聞き終えると脳が疲れた感じにもなるのですが、最後のトラックが心地よくて、まるで走り終えた後の風を感じるような心地よさがあります。難聴気味で悩んでいる人は、あきらめる前に、ぜひ一度この聴力トレーニングを試してみてください。

「難聴」聞こえがクリアになるCDブック (脳幹を刺激する聴覚トレーニング)

「難聴」聞こえがクリアになるCDブック (脳幹を刺激する聴覚トレーニング)

  • 坂田英明(目白大学言語聴覚科教授),小山悟(こやま耳鼻咽喉科院長)

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く