Railsの基本書!Ruby on Rails 3 アプリケーションプログラミング

2745viewsBookLetterBookLetter

このエントリーをはてなブックマークに追加
Ruby on Rails 3 アプリケーションプログラミング

がいよう

 とってもカックイイ言語、RubyをのせるためのRailsについて、めちゃんこ詳しく説明してくださっています。これ一冊あれば、Railsの基本はばっちり♪だと勝手に思っています。でも、簡単すぎるから怖いところも……慣れすぎると「メモリ管理はしっかりできないといけん!」としかられること必須です。

こんなかんじで

■イントロダクション

 Rubyを学ぶ……というよりはRailsを学ぶと考えた方が良い。Railsは名前の通り、プログラミングを「乗っける」ための線路。これ無しに、Rubyは走ることはできませぬ。

 で、このRailsが相当にすごい。gem機能(アスレチックジムみたいに、色んな色とカタチを持ったモノですね)だけでも、相当面白いアプリがつくれそう。

■Ruby On Railsの基本

 いやはや、これほどまでフレキシブルだとコードを打つ手も躍ります。PHPみたいなかたるいコードを書かなくても、なんか「勘」でいろいろ書いたら結構動いたり。うーん、どっかで、C言語が哲学書なら、Rubyは漫画だと聞いた記憶があるんだけど、まぁそんな感じの言語です。

■Scaffolding機能によるRails開発の基礎

 これを使えば、簡単にブログがつくれちゃう。え、○○ブロで十分? まぁ、「デザイン」にこだわらないなら、いいだろうけど、やっぱこだわっちゃいたいじゃない。見栄えって。

■ビュー開発
 記入フォームの作り方。就活でもおなじみのあれだね。学歴とか、学歴とか、学歴とかが重視されるフォームだね。備え付けのヘルパー機能ちゅーものが幾つかある。ある文字以上は表示しないでちょーだい。みたいな希望が通る。……就活もこれくらいすんなり希望を通してくれれば良いのに。

■モデル開発

 データベース中心の話。Railsさまさまを実感できるところのはず。なんで、こんなに簡単にリレーションが通るねん……と、ObjectiveーCをでアプリを作った苦悩の日々が頭をよぎる……。なんでもポイポイ捨てられるゴミ箱はあるにこしたこと無いですな。

■コントローラー開発

 操作盤ですね。はい。とっても重要です。メール登録してないと見れないページとか、学歴がないと見れないページとかを制御するあれです。あとは、履歴書の送付とかにも使われますね。えぇ、ファイルパスは間違えないように注意しましょう。それだけで、エントリー落ち必須でござるよ。

■ルーティング開発

 ここはあんまり語ることが無いなぁ……しっかりとベースに沿ってモノをつくりましょうということです。はい、以上。

■テスト

 これはめっちゃ重要です。まぁ、作る過程でもそれなりに注意はしてますけれど、えてして完成品は思いもよらない挙動を示すものでして……。えぇ、納期が近いと、そらもう寝れないですよ。

■Railsの高度な機能
 最高にカックイイプラグイン=Kaminari。やばいよね、このネーミング。しかも動作性も最高だしね。カッコよすぎです。Raijinとか、HououとかJapなネーミングがどんどこ出てくることを期待しております♪

さいごに

 BookLetterの編集長も目下Railsにどっぷりはまっている模様。文法が短いんでWebのデザイナーさんにオススメの言語……かな?

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く