いろんな意味で公務員がわかる本「県庁おもてなし課」の書評・感想

1891viewsきゃろっちきゃろっち

このエントリーをはてなブックマークに追加
県庁おもてなし課 (角川文庫)

お役所と民間のギャップが絶妙

主人公の掛水史貴(かけみずふみたか)は、県庁の新部署「おもてなし課」に配属された若手職員。良く言えば、情熱を持って真摯に頑張ろうとする素直な好青年。悪く言えば、どうにも方向がずれている(お役所だから)空回りのお坊ちゃま。なんだか応援したくなる憎めないキャラです。

「おもてなし課」の任務は、文字通り観光客を「おもてなし」の心で迎え、地域振興に役立てること。地元出身の著名人に観光特使を依頼して、アピールしてもらおうということで、様々な人に声をかけます。

その一人に人気作家・吉門喬介(よしかどきょうすけ)がいるのですが、これがまるで「民間の代表者」と言わんばかりに、「お役所仕事」でしかない掛水&おもてなし課のメンバーの案を、バッサバッサと切り倒します。そんな吉門に不満を抱くおもてなし課の面々ですが、掛水だけは吉門の意見に理解を示し、「お役所仕事」を脱却すべく、色々とアドバイスを求め、自分なりに頑張り始めます。

そんな中、一人の女性と出会います。彼女の名は、明神多紀(みょうじんたき)。ふとしたことから「おもてなし課」に臨時で採用されることになり、課で唯一の「民間の声」を持つ貴重な存在になると共に、どうにも空回りしがちな掛水のサポート役となります。

吉門からの提案で、とある人物に接触を試みる掛水&多紀ペア。が、これがまた色々な背景や人間関係が絡まって、一筋縄ではいきません。

迷走ながらも走り続ける「おもてなし課」を舞台に、故郷へ対するそれぞれの思いや、恋愛模様。それらを乗り越えた「おもてなし課」のたどり着いた答えは・・・。

感想

今まで、これほどまでに「公務員」の本質をコミカルに描いた本は見たことがありません。今まで、民間の人間なら誰でも思う「なぜ、これがわからない?」というお役所体質を、最初から吉門がバッサリと切りつけるのが痛快です!掛水と多紀の初々しい恋や、吉門の様々な葛藤など、とても丁寧な描写で、ぐいぐいと引き込まれてしまいます。
読み終えた後、思わず微笑んでしまうような、ほんわかとした気持ちになる小説でした。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く