やる気と能力を引き出す最新のコミュニケーション技術

2354viewshanakohanako

このエントリーをはてなブックマークに追加
コーチングが人を活かす―やる気と能力を引きだす最新のコミュニケーション技術

PART1 相手の中から答えを引き出す

・質問し、答えを受け取ったことを伝え、促し、相手のシャッターを上げる
・相手の話しを質問によって自分の中で「絵」になるまで具体化していく:チャンク・ダウン
・大きい質問をする前に、まず小さくて必ず答えられる質問からはじめる
・「なぜ」ではなく「なに」が相手を警戒させず答え易くする
・「ゆっくり考えて。黙っていますから」と伝えれば沈黙は怖くない
・答えは必ず相手の中にあるという信頼を持って待つ
・答えを教えるのではなく、自分で見つけさせる
・質問によって、相手の不満を提案に変えていく
・相手の立場に立って考えるには、相手に関する質問を自分自身に問いかける
・究極の質問で相手を追い込み、アイデアを引き出す
・具体的な行動まで決まったら、今度は抽象的な言葉にまとめる:チャンクアップ
 望んでいる状態(目標)=現在の状態+行動

PART2 安心感と自信を与える

・「おはよう」の一言さえ関係をつくるチャンスにできる
・相手の言葉を繰り返すことで安心感を与える
・声のトーンや大きさ、タイミング、顔の表情を意識して相づちを打つ
・相手の言葉を聞いて感じたことを相手に伝えてみる
・相手のタイプに応じて接し方を変える
・自分と相手のタイプを知って、新しい接点を見つける

コントローラー・タイプ:行動的で自分が思った通りに物事を進めることを好む。
プロモーター・タイプ:自分のオリジナルなアイデアを大切にし、人と一緒に活気のあることをするのを好む。
アナライザー・タイプ:行動に際して多くの情報を集め、分析し、計画を立てる。
サポーター・タイプ:他人を援助するのを好み、協力関係を大事にする。

・自分のやりかたを相手に強要せず、相手の強みを見つける
・評価ではなく、相手について自分がどう感じたかをほめ言葉にする
・迷っているよりは、相手が何を欲しているか聞いてみる

PART3 未来への夢を抱かせる

・目標達成に向けて、「がんばれ」のかわりに目標に関する質問を沢山する
・質問によって相手の視点を変え、夢に気付かせる
・相手が価値を置いているものを見つけ、そこに向かわせる
・未来についてできるだけ具体的なイメージを描かせる
・これからする行動の仮定ではなく結果の「いいこと」をイメージさせる
・相手の気になっている問題について、30分間、話しをさせる
・理想の状態を10点満点として、今の状態を採点させる
・オリジナルのチェックリストをつくらせ、やる気を引き出す

PART4 新しい視点を与える

・具体的なストーリーを使って相手に伝える
・ただ「やれ」ではダメ。「なぜそれをやるのか」を説明する
・相手にノーという自由がある提案をする

PART5 自発的な行動を促す

・相手の行動の結果を聞き届ける
・失敗は成功の前提と考え、寛容になる
・最後に「必ずやってくださいね」とストレートにリクエストする
・相手をとにかく毎日褒め続けてみる
・エネルギーを補充する、人それぞれの方法を見つける

PART6 コーチの達人に向けて

・毎日、小さな目標を自分に課し、それを達成することで自信をつける
・違う誰かになりきって、周りの人に違う接し方をしてみる
・相手の中に答えはあると信じて最後まで問い続ける

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く