伝え方にも技術があった! 何度も読んで身につけたい、3つの伝える技術

1899viewsshantishanti

このエントリーをはてなブックマークに追加
伝え方が9割

伝え方にも技術があった

  • 世の中大勢の伝え方は、温泉でお気軽ピンポンをやっているレベル。つながるし、一応ピンポンにはなっている。その状態をチャンスととらえ、あなたがコツを身につけることで、温泉のピンポンとは明らかに一線を画すことができます。周りの見る目も、評価も変わる。
  • 伝え方は大切だとわかっているのに、誰も鍛えていない。
  • 下記の有名なコトバはすべて技術で作れる

 ・「考えるな、感じろ」 燃えよドラゴン
 ・「死ぬことに意味を持つな。生きるんだ!」3年B組金八先生
 ・「ちっちゃな本が、でかいこと言うじゃないか」講談社文庫の広告
 ・「別れることがなければ、めぐり逢うこともできない」西洋のことわざ
 ・「マフィアが少年聖歌隊に見えるほどの巨悪組織」 ピーター・セラーズ
 ・「事件は会議室で起きてるんじゃない! 現場で起きてるんだ!!」 踊る大捜査線

  • 思わず人は目に見える資格ばかりを磨きたがりますが、私からすれば、それは10%でしかありません。のこりの90%は、あなた自身を魅力的に伝えられる、伝え方やコトバです。それは、見せかけることとは違います。伝え方やコトバの技術を持っている人は、働いても成果を出せるのです。

「ノー」を「イエス」に変える技術

  • 「ノー」を「イエス」に変える技術の答えは、相手の中にあります。ここまで読み進めていただくうちに、気づいた方もいらっしゃると思います。「お願い」は、あなたのコトバではなく、あなたと相手の共作なのです。
  • 相手のメリットを考える:「できたてをご用意いたします。4分ほどお待ちいただけますか?」
  • 嫌いなことを回避:「住民のみなさまのご協力で、チカンを逮捕できました。ありがとうございます。」
  • 認められたい欲を利用:「きみの企画書が刺さるんだよ。お願いできない?」

「強いコトバ」を作る技術

  • サプライズワードを使った例

 ・嫌いになりたいのに、あなたが好き。
 ・これは私の勝利ではない。あなたの勝利だ。
 ・他の店が まずく感じるほど  ここのラーメン旨い。

  • 人は規則では、動きません。人を動かすのは「感動」です。
  • その他の強いコトバを作る技術
 ・ギャップ法
 ・赤裸々法
 ・リピート法
 ・クライマックス法
  • 長文を10分でパワーアップするには、 「出だし」「フィニッシュ」「タイトル」。
  • メールは、デジタルの冷たさを なくすためにも、感情を30%増しで。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く