ときめかないものを捨てた後、理想の家やときめく暮らしをどうやって実現するか

1458viewsmegumegu

このエントリーをはてなブックマークに追加
人生がときめく片づけの魔法2: 2

片づけで大事なのは

何を捨てるかではなく、どんなものに囲まれて生きたいのか。

片づけでやるべき事は2つ

ときめくものを残し、ときめかないものを捨てること。
残すと決めたものの定位置を決め、使った後は必ずもとの位置に戻すこと。

ときめかないものを捨てたら何も残らない?

そこで落胆するのでなくそれに気づいた事が大事。
ときめくものが1つもなかったと気づかないまま一生を終えるなんて悲しすぎる。

ときめくとは

うっとりする、かわいい、わくわくするという解りやすい魅力だけではない。
安心する、便利、しっくりくる、役に立つなどもりっぱなときめき。

ときめかないけど捨てられない

・昔ときめいたけど、お役目が終了している
・ときめくはずなのに感じ取れてない
・ときめきとは無関係に捨ててはいけないもの(印鑑、契約書類、人の物)
以上の三つしかない。
本当の役割を考える事で答えは出る。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く