病院によく行く人ほど、薬や治療で命を縮めやすい。病院に行く前に、かならず読んでください 医者に殺されない47の心得」

5698viewsreading_boxreading_box

このエントリーをはてなブックマークに追加
医者に殺されない47の心得 医療と薬を遠ざけて、元気に、長生きする方法

どんなときに病院に行くべきか

  • 「老化現象ですよ」と言う医者は信用できる
  • 医者によく行く人ほど、早死にする
  • 血糖値は薬で下げても無意味で、副作用がひどい
  • 世界一売れるコレステロール薬の「病気を防ぐ確率」は宝くじ以下
  • がんほど誤診の多い病気はない

患者よ、病気と闘うな

  • 一度に3種類以上の薬を出す医者を信用するな
  • 軽い風邪で抗生物質を出す医者を信用するな
  • 「抗がん剤を使えば寿命が延びる」と言う医者を信用するな
  • がんの9割は、治療するほど命を縮める。放置がいちばん
  • 抗がん剤は猛毒で、抗がん剤が「効く」というのは、単に「がんのしこりを一時的小さくする」という意味
  • そのしこりはあとで必ず大きくなる。つまり「効く」というのは治すとか延命につながるという話ではない
  • 「医者から薬をもらう」を習慣にしてはいけない
  • がん検診は、やればやるほど死者を増やす

100歳まで元気に生きる「食」の心得

  • ピンピン100歳への体づくりは「毎日タマゴと牛乳」から
  • ビールは1日にロング缶2本までなら「百薬の長」
  • ビタミン・ミネラルの摂りすぎで早死にする

100歳まで元気に生きる「暮らし」の心得

  • 22時から2時にどっぷり眠る。
  • 石けん、シャンプーを使わないほど、肌も髪も丈夫になる
  • 大病院にとってあなたは患者ではなく被験者

死が恐くなくなる老い方

  • ポックリ逝く技術を身につける
  • 喜怒哀楽が強い人ほどボケない
  • 100歳まで働き続ける人生設計をする

著者の近藤医師について

  • 第60回菊池寛賞受賞
  • 慶應義塾大学医学部放射線科講師
  • 近藤氏は放射線医師としてガンの治療にあたり、乳房を切り取る手術一択だった日本に乳房温存療法を広めたパイオニア

本書の名言

恐れるべきは、ガンではなく、「ガン治療」

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く