絵画で学ぼう西洋史

1992viewskaerumamakaerumama

このエントリーをはてなブックマークに追加
怖い絵2

1.レンブラン「テュルプ博士の解剖学実習」
オランダ17c。「記念集団肖像画」その昔外科医と理髪師は同義語だった。
2.ピカソ「泣く女」
モデルはピカソの華々しい女性関係の一人、ドラ・マール。
3.ルーベンス「パリスの審判」
ギリシャ・ローマ神話。トロイア戦争がおこった起因。
4.エッシャー「相対性」
だまし絵。
5.カレーニョ・デ・ミランダ「カルロス2世」
近親婚の末、スペインハプスブルク家最後の王。
6.ベラスケス「ラス・メニーナ」
奴隷と同列の「慰み者」と呼ばれる異形の者たちが、現代のペットのように存在していた。
7.ハント「シャロットの乙女」
アーサー王伝説をもとにしたもの。
8.フォンテンブロー派の逸名画家「ガブリエル・デストレとその妹」
アンリ4世が王妃マルゴと離婚し、人妻であったガブリエルと再婚し、ガブリエルが王妃となる直前に毒殺される。
9.ベックリン「死の島」
糸杉は死を象徴する樹。
10.ジェラール「レカミエ夫人の肖像」
古代ローマ風のシュミーズ姿の夫人。1789年の革命後の女性の正装。
11.ボッティチェリ「ホロフェルネスの遺体発見」
12.ブレイク「巨大なレッド・ドラゴンと日をまとう女」
「ヨハネ黙示録」の一場面「レッド・ドラゴン」
13.カルパッチョ「聖ゲオルギウスと竜」
イタリア料理、カルパッチョの語源といわれている。
14.ミレー「晩鐘」
「農民画家」とよばれ愛されたミレーだが、異常性を秘めたダリやゴッホの心をかき乱す何かがあるという。
15.ドラローシェ「レディ・ジェーン・グレイの処刑」イギリス史
ジェーン・グレイはイングランド歴代女王の1人。たった9日間でうばわれた。
16.ホガース「精神病院にて」
べスレム精神病院、別名べドラム。
17.ブリューゲル「ベツレヘムの嬰児虐殺」
マタイ伝の一場面。
18.ヴェロッキオ「キリストの洗礼」
イエス・キリスト受洗図。
19.ピアズリー「サロメ」
20.ファン・エイク「アルノルクィニ夫妻の肖像」
左手婚のために身分違いの者どうしの結婚である。

感想

教科書にはのらない、スキャンダルチックな西洋史の知識が増えた。驚きの連続だった。

怖い絵2

怖い絵2

  • 中野京子

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く