サッカーの見方は1日で変えられるの章別まとめ

1892views経済本とかマンガとか経済本とかマンガとか

このエントリーをはてなブックマークに追加
サッカーの見方は1日で変えられる

第一章

1.ボール保持者のまわりで、アクションを起こしている選手がいるか
→「アクション」とはパスコースを増やす動き
好調なチームの攻撃は次々とボール保持者を追い越している
2.クロスに対して、相手ゴール前に飛び込む選手が何人いるか
3.DFからFWまでをコンパクトに保てているか
4.ゴール前中央を空けていないか

第二章

1.攻撃の布石として、ボールの後ろに素早く戻れているか
2.「守備は狭く、攻撃は広く」ができているか
3.各選手が2秒以内にプレーしているか
4.ボールを使った休憩(攻撃の緩急)ができているか

第三章

1.縦パスが入っているか
2.DFを下がらせながら攻撃できているか

1.動いている選手の足元にパスをドンピシャで合わせているか
2.DFラインがペナルティエリアの幅にちょうど収まっているか
3.組み立ての種類が二つ以上ある4.か飛び抜けた選手が一人以上いるか

スカウト TIPSモデル

T.テクニック
I.インテリジェンス
P.パーソナリティ
S.スピード

メモ

[おい、小野を見てみろ。相手がどこにいるかをちゃんと見ているから、50cm横に動くことで、相手のパスコースを消している。ボールをもった相手がいると、無理に追いかけてとりにいってしまう選手もいるが、小野はちょっとポジションを修正することで守備をしている。

[日本代表は、守備のスタートラインが決まってかいない。だからチームがバラバラなんだ。ジーコ監督がスタートラインを決めてやれば、すぐに組織は改善されるのに。

[サッカーは再現性のないスポーツである。野球は1アウト、ランナー2塁など、特定の場面がある

[オシム「サッカーで同じ場面は二度と起こらない。だが、その中からパターンを見出し、練習で近い状況を再現して、体に覚え娘ますことが大事なんだ」

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く