ウケるトークの作り方

3565views本で人生は変わる本で人生は変わる

このエントリーをはてなブックマークに追加
お笑い芸人に学ぶ ウケる!トーク術 [kindle版]

「人生の3分の2はコミュニケーションでできている」

なぜ、コミュニケーションかと言うと、あなたの1日を考えてみてください。朝、目が覚めました。まず、家族とコミュニケーション!そして会社に向かいます。会社に着くと、上司、同僚、部下、さらには取引先とコミュニケーション!夜は、会社終わりに合コンや飲み会でコミュニケーション!そして帰宅して寝る……といった感じではないでしょうか?これは会社員の方に限った話ではありません。学生の方も、学校で先生や友達とコミュニケーション!主婦の方も、隣近所やママ友とコミュニケーション! などなど、私たちは多くの時間を他人と話をすることで過ごしています。だからこそウケるトークが大切なのです。

ウケるトークの作り方

「ウケるトークの探し方」は、ネタ探しの便利なツール「アニキとタケシがカコ住食」。これを覚えておくと、過去の記憶からネタを探すときなど便利ですし、毎日の何気ない生活の中に「ネタ探し」という良い刺激をもたらす。

このツールを使ってネタを探したら、次はそのネタで笑いを起こすために「緊張」を「緩和」させてあげます。緊張の状態を作るためにはきちんと「フリ」を作ってあげましょう。笑いには「オチ」よりも「フリ」が大事です。

笑いの構造が分かったところで、あなたのトークを相手が受け入れるには「共感」が必要。「共感」できない話は受け入れられません。つまり、バランスのいい「緊張の緩和」と、聞き手に「共感」してもらうことが、ウケるトークを成功させるための秘訣なんです。

続いて、「ウケるトークの作り方」。まず、探してきたネタは「5W1H1D」にまとめます。そうすることで、自分の頭の中も整理され、聞き手へ正確に情報を伝えることができるようになります。

まとめたら、自分がこのネタのどこを面白いと思ったのか?「共感」して欲しい部分を強調しましょう。「共感」を入れてトークの方向性を決めたら、「起承転結」に沿って話を作っていきます。このとき、「起承転」が「フリ」で、「結」が「オチ」になります。

そうしてトークを「起承転結」にまとめたら、不足している部分を「補足説明」したり、より面白くできる部分を「脚色」したり、聞き手に邪魔な情報を「削除」してあげることで、よりウケるトークへと作り上げていきます。

「ウケるトークの話し方」には「比喩」と「擬態法」があります。豊かな表現方法として、「比喩」を使い物事をより実感できるようにしたり、「擬態法」を使いトーク内容に臨場感をもたらせたりすることが可能になります。

ほかにも、臨場感あふれるトークに有効な「登場人物の演じ分け」や、「声の出し方やテンポ」を変えて状況をリアルに伝える方法、さらにトークは口だけでなく「顔の表情や体の動き」も大事です。

感想

結構面白い!!この本を読んだ後にバラエティ番組を見るとお笑い芸人のお笑いテクニックがみえてくるw

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く