「ノウハウ本」や「教わった事」を実行できない3つの理由とその対処法・教育法

2504viewsVinVin

このエントリーをはてなブックマークに追加
なぜ、ノウハウ本を実行できないのか―「わかる」を「できる」に変える本

実行できない理由1:情報過多

  • 一度しか読んだり、聞いたことのないものはほとんど覚えていられない
  • だから、「少数のものを何度も」学ぶべきであり、「多数のものを、一度二度」学んでも意味がない

情報過多の対処方法

  • 少数のコンセプトに集中し、それを何度も繰り返し行い、それに深く没頭する
  • そうすると、アイデアとスキルがさらに発展する
  • 適度な間隔を置いた反復が重要である

実行できない理由2:ネガティブなフィルター

  • 人間は自分自身も他人も疑いの目を向けがち
  • 自信喪失のために、あらゆる情報を、優柔不断で閉鎖的で批判的に見がち
  • マイナス思考は見聞きしたことのほんの一部しか学び活用することができない

ネガティブなフィルターの対処方法

  • ポジティブでとらわれない心で、素直に見ると、創造性が活性化し、実際に書かれた情報以上の可能性を生み出すことができる
  • なので、「間違っているところ」よりも「正しいところ」を探し、この情報には多角的価値があるはずだと自問する

実行できない理由3:間違った方向に進む危険をフォローするプランの欠如

  • 成功者は熱心に学び、仕組みとサポートと説明を受けられる環境を作っている

間違った方向に進む危険をフォローするプランの欠如の対処方法

  • 「教える、やって見せる、それをやらせる、見守る、上達を褒める、または方向を変えさせる」
  • いいところを取り上げて強調することで、学習者は頑張り屋になる

※本書内に対処方法の詳細な記述あり

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く