一流の人が実践している自分を磨く方法

2138viewsmegumegu

このエントリーをはてなブックマークに追加
一流の人に学ぶ自分の磨き方

一流の人は刷り込みを修正する

一流の人の多くは子供の頃に植えつけられた信念が好ましくなかったという
しかし彼らはそう言いつつも、自分に影響を与えた親や教師が
そのときの意識のレベルを元に最善を尽くしてくれた事に感謝する

一流の人は最高の自信を持っている

成功している姿を思い浮かべ、自分にポジティブに話しかける習慣を身に付けよう

一流の人は選択の力を知っている

二流の人は自分を被害者とみなす
一流の人は人間の究極の自由を行使する。選択する力を駆使すれば、思い通りの環境を造れると考えている。

一流の人は強い信念を持っている

一流の人は信念を持てる仕事を見つけて、それに徹底的にこだわる
二流の人は仕事が終われば気晴らしをする。

一流の人はお金の限界を理解している

二流の人はお金と所有物が充実感を得る条件だと思い込んでいる
一流の人は仕事で充実感を得る。好きな事を見つけ、能力を最大限に発揮する。
結果ではなく行為から充実感を得る。

一流の人は大きく考える

自分の夢について考えてみよう。大きく考えているか、自分を見くびっているか。

一流の人は自分に勝つ事を考える

他人より優れていたいという欲求を捨てて、自分を磨く事に意識を向けよう

複雑な事を単純化する

小学4年生でも分かるように、自分の考えを出来るだけ簡潔にまとめる練習をしよう。
この習慣によってアイデアがますます明確になる。

批判に動じない

二流の人は批判されるとショックを受け、精神的に傷ついて落ち込む。
一流の人は批判を想定しているから動じない。彼らは成功を収めると、人々に嫉妬され攻撃される事を知っている。

謙虚さの重要性を理解している

二流の人は謙虚さを過小評価している。
一流の人は謙虚さをいつも心がけている。人々に影響を与えて支援を取り付ける上で不可欠である事を知っているからだ。

一流の人は高潔である

一流の人は愛を豊かさにあふれて生きているので、高潔さを常に行動規範にしている。
二流の人は恐怖と欠乏におびえて生きているので、高潔さを贅沢な選択肢だと考えている。

苦しむ事を恐れない

一流の人は成功には代償が付きものであることを知っている
二流の人がありもしない近道を探して時間を空費しているあいだ、一流の人は苦しみに耐えて必死で戦う。

忍耐の重要性を知っている

一流の人は目標を達成する時に闘う事を想定している。
だから途中で障害に遭遇しても、それを当然だと思い、驚いたり慌てたりすることはない。
二流の人は目標を達成する時に闘う事を想定していない。だから「なぜこんなに苦しまなければならないのか」と思い、すぐに諦める。

許す事を知っている

自分を傷つけた人を許す習慣は、一流の人と二流の人の大きな違いの1つである。
許す事は強いものの証である。
許した事を相手に伝える必要は必ずしも無い
人はみな間違いを犯すという事実を認識し、心の中で相手と折り合いをつければいい。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く