お姫さまごっことは一体何なのか

5099views本で人生は変わる本で人生は変わる

このエントリーをはてなブックマークに追加
1日5分のお姫様ごっこ [kindle版]

お姫さまごっごをする魔法の言葉

どうしてもお姫様ごっこをする気分になれないときや、時間がないときなど以下のような言葉を、毎日、言いつづけるだけで、少しずつ、効果が表れる魔法のコトノハです。

わたしは、わたし自身を、いつでも大切にします
わたしは、豊かで愛にあふれた人に、なりつつあります
わたしの人生は、愛と豊かさに満ちています
今日から、薔薇色の人生が待っています
わたしは、愛と豊かさを手にしています
わたしの笑顔が、周囲の人へのギフトです
わたしは、いつでも満たされています
わたしには、幸運なことばかり起こります
わたしには、すべての夢をかなえる力が備わっています
わたしの愛と豊かさは永遠に続きます
わたしの愛と豊かさは、与えても与えても、増える一方です
わたしは天に愛されていて、天は、わたしに必要なもの、すべてを与えてくれます
わたしは、お姫様のように美しく、やさしく、豊かです

お姫様の心得その1

不機嫌になったら、できるだけ素早く、解消する不機嫌になっては、いけないのではありません。不機嫌になるということは、「今、この瞬間、『怒り』や『悲しみ』の感情をケアしてください」というサインなのです。こういうときこそ、しっかり、お姫様になりきって、自分をかまってあげてください。不機嫌というエネルギーは放置すれば、するほど拡大しやがて、不機嫌にならざるをえないことを、いっぱい引き寄せる磁石と化してしまいます! 不機嫌エネルギーには、こまめに、対応しましょう。

お姫様の心得その2

コトノハでよい波長をキープします。「言葉」=「コトノハ」は、とても重要です。なぜなら、わたしたちは、言葉によって「波長」をつくっているからです。たとえば「バカ、ブス、最悪」と、20回ほど繰り返して言ってみてください。なんだか、気持ちが、どんよりしてきませんか?「バカ、ブス、最悪」と言っているときにうきうき、わくわくする人はいないはずです。ふだん使っている言葉で、波長をつくり出すことができるのです。いつでも、幸せで、温かく、穏やかな波長でいたければそのような気持ちになる言葉を使えばいいのです。

お姫様スイッチが入る   

「魔法のコトノハ」
コトノハとは  鑑定の中で、一人ひとりのお客さまの守護霊さまが伝えてこられる、状況を改善したり、幸せな方向に向かうときに効果的な「アファメーション」のことです。お姫様ごっこを始める前に唱えるとより、その効果が発揮されやすくなります。

感想

スピリチュアル寄りなので好き嫌い分かれる本。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く