マキャヴェリに学ぶ人心掌握術

1432viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
悪の人心掌握術 - 『君主論』講義 (中公新書ラクレ)

リーダーは悪評を恐れない

・国を強くための悪評は進んで受ける
・リーダーは愛されるよりも恐れられるべき
・賢明なリーダーは恐れられても恨まれない
・冷酷な粛清は一気呵成におこなう
・冷酷という悪評が立つくらいに部下を厳しく動かす
・リーダーはケチと呼ばれても気にしない

ライオンの勇敢さと狐の狡猾さを持つ

・慎重に行動するより果敢に行動する
・有能なリーダーは悪徳者に変貌できる用意がある
・第三者が手柄を立てる機会を作る指導者は自滅する
・中立ほど危険な策はない

幹部の操縦法が命運を左右する

・巧妙すぎる人材登用は猜疑心をまねく
・一度自分にそむいた人間を重用すると大きな戦力になる
・一度傷つけられた人間は優遇されても恨みを捨てない
・むやみに賛同する幹部こそ要注意である
・重用した幹部には全幅の信頼を置く
・憎まれ役は幹部に負わせる
・追従者を避けるため、耳を貸すに値する幹部を厳選する

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く