弁理士試験の短答試験の過去問練習には、これくらい量があればいいですね。

1616viewsnyakanyannyakanyan

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年版 弁理士試験 体系別短答過去問 特許法・実用新案法・意匠法・商標法

弁理士試験担当過去問が10年分まとめられている

範囲は、特許法、実用新案法、意匠法、商標法

本書の特徴

過去問なので、問題自体はどの出版社のものでも同じです。
本書には以下の特徴があります。

  • 10年間分の過去問がまとめられている。
他には5年間というものが多いですね。
  • 切り離して使えるように親切なページ構成
切り離して必要な問題だけ持ち運べるように、表にあたる奇数ページに問題、裏にあたる偶数ページに解答と解説が書かれています。
また、切り離したときにパンチで穴を開ける閉じるためのガイドまで印刷されています。
  • 青と黒の2色刷りで、大切なポイントが目立つ。
やはりカラーのほうが印象に残って覚えやすい。

感想

問題量としては10年分約400問ありますから、十分な量かなと思います。基本的にA5サイズ1枚の紙の表に問題、裏に解答解説なので、解説がシンプルになりがちかなと思います。なので、初心者がこれから始めるのは少々つらいかと思いますが、試験前に過去問を総なめにしたい人には良い本です。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く